デビュー10周年を迎える木村カエラがベスト盤、「夢」をテーマにしたシングルをリリース。秋にはワンマンライブも開催

2014.5.15 17:03

デビュー10周年を迎える木村カエラがベスト盤、「夢」をテーマにしたシングルをリリース。秋にはワンマンライブも開催サムネイル画像

昨年、プライベートレーベル<ELA(エラ)>を立ち上げた木村カエラがデビュー10週年を記念して、<木村カエラ 10years anniversary>と銘打って様々な企画をおこなうことを発表した。

<木村カエラ 10years anniversary>のVOL.0(ボリュームゼロ)企画としてファンからのリクエストにより収録曲を決定するベストアルバム『10years』が2014年6月25日にリリースされる。未発表曲2曲の収録を含む、ファン投票によって選ばれた収録楽曲は近日発表される予定となっている。

そして今回、<木村カエラ 10years anniversary>VOL.1(ボリューム1)、VOL.2(ボリューム2)ふたつの企画が一斉に発表された。
VOL.1となる企画は、1年8か月ぶりとなる待望のニューシングル『OLE!OH!』のリリースが決定。“夢”をテーマに描いた全3曲で2014年7月9日にリリースされる。このシングルは3曲ともに、世界的に名高いインディーレーベルROUGH TRADEからリリースするなどで注目を浴びているPOP ETCをプロデューサーに迎え一緒に作り上げた“これからのカエラ”が詰まった作品となった。

表題曲“OLE!OH!”は夢を持ち続けよう!と心の中のチアガールに奮い立たせてもらう私(わたし)応援ソング。カップリングには“夢を現実に!”と繰り返す“MAKE THIS DREAM REAL”、優しく深い愛で、夢の世界へと誘われる“うさぎとお月様”の全3曲を収録。
2004年6月23日にリリースされたデビュー曲“Level42”では《10年後、求める未来にたどりつけるはず》と歌っていたカエラが、デビュー10周年を迎え、新たに「夢」をテーマにした3曲でこれからの道を歩み始めた。

初回限定盤は[OLE!OH! KAELAボタニカルアートチーフ]と名付けられた今夏必携のバンダナ付の商品となっている。
また、ベストアルバム『10years』と、ニューシングル『OLE!OH!』をともに購入したファン限定で、全員に木村カエラから暑中お見舞いが届けられるというスペシャル企画も同時に発表された。暑中お見舞いの中には10周年にちなんで、10枚のみ本人の手書き直筆コメントとサインがはいった貴重なバージョンも存在する。応募期間はニューシングルが発売となる7月9日(水)から7月31日(木)23:59までとなっているので、2作品の予約をして買い忘れることのないようにしよう!

VOL.2となる企画は、10周年を記念したワンマンライブ【GO!GO! KAELAND 2014~10years anniversary】を神奈川県・横浜アリーナで開催することを決定! 2014年10月25日(土)、26日(日)の二日間、延べ2万人を動員するライブとなる。25日の公演には<Rockin’ ZOO>、26日には<Poppin’ PARK>と各日サブタイトルがつけられ、直訳すると、「ロックな動物園」と「ポップな遊園地」。

横浜アリーナに「KAELAND(カエラ国)が生み出したロックな動物園とポップな遊園地」というカエラが思い描く夢を現実に作り上げ、彼女にとってこれまでにない空間のライブをファンに届けるというものになりそうだ。演出は勿論、演奏曲も異なる二日間はまさに“木村カエラのこれまでとこれから”が詰まったライブになること間違いなしだ。

~木村カエラ・コメント~
2014年6月23日で、私は10周年を迎えます。
デビュー当時、まだ19歳だった私に周りの大人たちが言った「10年続けるには、相当努力が必要だぞ!」という言葉を胸に抱きながら、この月日を必死に走ってきた気がします。
自分に出来ることは何か、探しながら作品を作っていく過程の中で、聴いてくれる人を元気にしたいという思いが日に日に強くなっていきました。時には、自分自身の存在や価値観がちっぽけに感じる時もありました。
ただ、どんな時も、応援してくれる方達や、スタッフの皆さんが私を支えてくれたおかげで、今も変わらず大好きな歌を歌い続けられているんだと思います。
心の底から笑っていられる日々というのは、とても貴重なものであり、宝物だと思っています。私の作品を聞いてくれたみなさんが、そんな日々を過ごせるよう、これからもカラフルで楽しい作品を生み出していけるよう頑張っていきます。
10月の25日、26日には横浜アリーナで10年間の集大成でもあるKAELANDのLIVEを行いますので、ぜひ足を運んでみてください。
これからも、私、木村カエラとその歌を楽しみに待っていてくださると嬉しいです。
よろしくお願いします。

 

関連画像