映画満足度ランキングが発表。1位は『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』

2017.5.15 20:55

映画満足度ランキングが発表。1位は『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』サムネイル画像

(C)Marvel Studios 2017

国内最大級の映画レビューサービス「Filmarks(フィルマークス)」が、サービス内のデータに基づいた「2017年5月第2週上映スタート映画の初日満足度ランキング」を発表した。

第1位は『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』(ディズニー)で鑑賞した人は「前作より遥かにパワーアップした快作!笑いと愛に溢れたすばらしい映画体験でした」(20代・男性)、「前作以上に泣ける最高の親子映画」(10代・男性)、「最後まで飽きさせず楽しませてくれる工夫も好感度高し」(30代・男性)など絶賛の声が多かった。

第2位は『マンチェスター・バイ・ザ・シー』(ビターズ・エンド、パルコ)で、「静かな幸せと切なさとユーモアが溢れた映画」(20代・男性)、「『頑張れ!』と応援するのではなく、そっと寄り添って、支えてくれる温かい映画だった」(20代・女性)など感動させられたという様な意見が目立った。

第3位は『トンネル 闇に鎖(とざ)された男』(アルバトロス・フィルム)で、「韓国のトンネルを舞台にした『オデッセイ』。主人公に英雄的な行為を強要することなく、小粋な描写の積み重ねで楽しませてくれる」(30代・男性)、「シリアスなのにくすっと笑わせるのが絶妙で上手」(20代・女性)といった感想が寄せられた。

(C)Marvel Studios 2017

関連画像

関連記事

関連リンク