田原俊彦、デビュー38年目、56歳!!73枚目のニューシングル「フェミニスト」予告映像&新ビジュアル公開

2017.5.11 20:06

田原俊彦、デビュー38年目、56歳!!73枚目のニューシングル「フェミニスト」予告映像&新ビジュアル公開サムネイル画像

田原俊彦

今年でデビュー38年目となる日本を代表するエンターテイナー田原俊彦が2017年6月にユニバーサルミュージックからニューシングル「フェミニスト」を発売することが既に発表され大きな話題を呼んでいるが、今回、オフィシャルホームページにて、その予告映像とジャケットビジュアルが発表された。

ユニバーサルミュージック移籍第1弾となるニューシングルはDaisuke “DAIS” Miyachiをプロデューサーに迎え、阿木燿子作詞。田原俊彦の大人の男の魅力あふれる女性讃歌になっている。自らを『フェミニスト』と歌い、女性の持つ母性と美しさを讃える、田原ならではの勢いに満ちたスケールの大きいラブソングだ。

予告映像はまだ未公開の「フェミニスト」のミュージックビデオからの映像を元に製作。荒野を駆け抜ける田原とライブハウスでの撮影風景の中から印象的な田原の表情を切り取りコラージュした映像になっている。またジャケットビジュアルは、大人の男、田原の鋭く切れのある表情をとらえたものになっている。初回盤と通常盤はジャケット及び中面で使用している写真が全て別になっている。

6月21日のCDリリースに先駆けて、6月7日にはiTunes等でのデジタルダウンロード販売、Apple Music等でのストリーミング配信がスタートする予定。

田原俊彦は1979年にドラマ「3年B組金八先生」(TBS系)の沢村正治役でデビュー。近藤真彦、野村義男と共に"たのきんトリオ"と呼ばれ、一躍人気アイドルに。1980年の歌手デビュー作「哀愁でいと」は75万枚の大ヒットとなる。以後、数多くのヒット曲を飛ばし、オリコンチャート1位獲得12回、ベスト10ランクイン38曲という快挙を達成。現在に至るまでコンスタントにCDリリース、コンサート、ディナーショーなどを開催、ますますダンサブルで迫力のステージを提供している。

また、全国ツアー「TOSHIHIKO TAHARA DOUBLE ‘T’ TOUR 2017」も発表。8月26日の横浜・関内ホールを皮切りに全国8都市を回る。

6月24日に東京の品川ステラボールにて「ニューシングルリリースパーティ~ミニライブ&握手会~」を開催することは既に発表されておりチケットは全て完売。この度、それに追加して観覧無料のフリーイベントを開催することが決定した。開催は7月1日(土)に中京と大阪エリア、7月2日(日)に兵庫と福岡エリアで実施される。詳細及び会場でのCD購入特典は追って発表される模様。

2年後のデビュー40周年に向けて、ますます精力的に暴れまわる56歳!田原俊彦の2017年は大盛り上がりになりそうだ。

関連画像

関連記事

関連リンク