中居正広、ハライチ澤部が訴えたSMAP愛は「ビジネスSMAP」とバッサリ。ファンからは「ファン心理」「澤部さん許すぞ」の声

2017.5.10 21:10

中居正広、ハライチ澤部が訴えたSMAP愛は「ビジネスSMAP」とバッサリ。ファンからは「ファン心理」「澤部さん許すぞ」の声サムネイル画像

8日に放送されたTBS系番組「Momm!!」にハライチの澤部佑が出演し、幼い頃からSMAPのファンだったと中居正広に話す場面があった。

番組内で澤部は、はじめて買ったCDは9歳の時に買ったSMAPのアルバム『SMAP 007〜Gold Singer〜』だったと話し、幼い頃からSMAPが好きだったと告白。

そしてSMAP全員と自身がはじめて共演したのは『笑っていいとも』の最終回だったと振り返り、司会のタモリを囲んでメンバーが歌う姿に「ちょっと泣いてました」と感激した過去を明かした。

そんな澤部にはじめてSMAPメンバー個人と共演したのは誰だったか聞くと、「一番最初は…草なぎさんか、いや中居さんじゃないですかねたぶん」とあやふやに答え、共演した番組も「(笑って)いいともだと思います…でも仰天ニュース…」と記憶が定かではない様子を見せる。

この澤部の様子に周囲からは「全然覚えてないじゃん」とツッコミが入り、中居も「あーこれビジネスSMAP」と、澤部のSMAP愛はビジネス上のものではないかと疑った。しかし澤部は「ビジネスSMAPじゃないです!衝撃すぎて、衝撃すぎてファンッて消えて行きました」と、ファンだから故に会えた衝撃で記憶が飛んだと話し、スタジオの笑いを誘っていた。

今回のエピソードに対しTwitterでは「澤部がいいともで中居くんと会った途端『衝撃すぎてファンって消えた』っていうのがファン心理だよねww」「澤部さんはビジネスSMAPじゃないほうに1票w」「ビジネスSMAPwwwいいぞ澤部さん許すぞw」など、澤部のSMAP愛に関するつぶやきが多く見られた。

過去の別番組でも中居がSMAPメンバーに関して言及する場面があり、自身が結婚する時は「でもメンバーには声かけるよ。かけるでしょ!」と披露宴に呼ぶと話していたことも話題になっていた。

関連画像

関連記事