SUPER JUNIOR ドンヘ&ウニョク初の日本全国ツアーで10万人動員

2014.5.12 17:39

SUPER JUNIOR ドンヘ&ウニョク初の日本全国ツアーで10万人動員サムネイル画像

歌手、タレント、バラエティ、モデル等各ジャンルで大活躍中のアジアNo.1マルチエンタテインメント・グループであるSUPER JUNIORの中から、ドンへとウニョクによって結成されたダンス&ヴォーカルユニットSUPER JUNIOR ドンヘ&ウニョク。

2月26日にリリースされた彼らの初の日本オリジナルアルバム「RIDE ME」はオリコンアルバムデイリーランキングで1位を獲得、ガールズアワードや関西コレクション、札幌コレクションなどの人気ファッションイベントに出演し話題を集めるなど、日本活動も絶好調な彼らの世界初となるツアー「SUPER JUNIOR D&E THE 1st JAPAN TOUR 2014」の千秋楽が東京、日本武道館で行われた。
オープニングで巨大なミラーボールに乗った2人がステージに登場すると会場を埋め尽くすブルーのペンライトの光と、彼らに向ける歓声で会場は大盛り上がり。

オープニング曲の「I WANNA DANCE」からアルバムのリード曲「MOTORCYCLE」など、ダンスナンバーで前半戦を駆け抜けると、ドンヘ、ウニョクそれぞれのソロコーナーや、「STILL YOU」「君が泣いたら」など、しっとりと聴かせるバラードで彼らの魅力を十分に発揮。

今回のツアーは、オリジナルアルバム「RIDE ME」の楽曲はもちろん、SUPER JUNIOR本体の楽曲を2人バージョンで披露するなど、ツアーコンセプトである「びっくり箱」の通り、何が出てくるかわからない仕掛けで、次から次へと、休むことなく客席を楽しませてくれた。

ウニョクは「22回ものコンサート会場をいっぱいにしてくれた皆さんに本当に感謝しています。今日のこのツアーが最後ではなく、(新たな一歩の)はじまりです。次回のコンサートでまた会いましょう!」と語ってくれた。

「SUPER JUNIOR D&E THE 1st JAPAN TOUR 2014」は、東京、名古屋、大阪、福岡、札幌、広島、新潟、神戸など全国9か所を周り、全22公演で10万人を動員した。

関連画像