森口博子が恋した、あの超有名アイドルを実名告白。「スラッとしてカッコいい」

2017.5.1 17:37

森口博子が恋した、あの超有名アイドルを実名告白。「スラッとしてカッコいい」サムネイル画像

29日放送のテレビ朝日系「土曜 あるある晩餐会」で、タレントの森口博子がとある“有名人”に恋した過去を暴露される場面があった。

「元祖バラドルが当時の心の闇を激白!」という企画で、バラエティーアイドルと呼ばれるようになってしまった元アイドル達が集まってトークを繰り広げた同番組。森口は現役アイドルとして活躍していた当時の“心の闇”が書かれている日記を初公開した。

デビュー当時の日記などが読み上げられていく中、アイドルグループ・少年隊と共演後に書かれたという日記が読み上げられそうになると、森口は立ち上がって「ちょっとー!」と叫び阻止しようと試みる。

日記には「あーこんなときめき久しぶり、そうです。少年隊の東山(紀之)くんに恋したんです。つらいなぁ……あぁでもかっこいいんだもん」と東山に恋心を寄せていたことが綴られており、この日記が読み上げられるとスタジオの森口は照れ隠しをするように大笑いしていた。

また「(中山)美穂ちゃんが東といっしょにお仕事しているの見ると、すごく心配。もう腹が立つ」と、中山美穂への嫉妬が書かれた日記も読み上げられてしまった。これに森口は「(東山は)綿棒みたいにスラッとしてカッコいいじゃないですか」と独特な表現で当時の東山を褒めるも、MCの今田耕司からは「決して褒め言葉とは思えませんけども」とツッコミを入れられていた。

先日放送されたテレビ番組では、元・おニャン子クラブの新田恵利がおニャン子クラブ時代に彼氏がいたことを友人に暴露されてしまう場面があった。彼女たちの今だから話せる暴露話はこれからもテレビなどのメディアで聞くことができるかもしれない。

関連画像

関連記事