「荒川アンダー ザ ブリッジ」監督が手がける、NICO Touches the Walls新ミュージックビデオ完成

2014.5.12 17:39

「荒川アンダー ザ ブリッジ」監督が手がける、NICO Touches the Walls新ミュージックビデオ完成サムネイル画像

今年2月に初のベストアルバムをリリース(オリコンウィークリー5位)、この夏2度目の武道館も控えている今、一番ライブが熱いロックバンドNICO Touches the Walls。今年は攻めて攻めて攻めまくる1年に相応しく6月11日にニューシングル「天地ガエシ」をリリース。

「天地ガエシ」ミュージックビデオがYouTube、GyaO!にて、5月18日(日)まで期間限定で独占解禁されている。

新作のミュージックビデオはNICOには珍しくショートムービー風仕立て、高校生男子のリベンジストーリー。そんなストーリーを盛り上げるNICOの新曲「天地ガエシ」。まさしくストーリーも楽曲同様、天地ガエシとなっている。

今回は「荒川アンダー ザ ブリッジ」「風俗行ったら人生変わったwww」「大人ドロップ」などの映画や、2014年CX7月クール「GTO(仮)」の演出を担当する、飯塚健(いいづかけん)監督とのコラボレーション。
メインキャストの男子高校生役は渡辺佑太郎、また同級生役で眼帯の不思議な空気を持つ少女はseventeenモデルでもある大友花恋が演じている。

 

飯塚健 監督コメント
・ニコのメンバーに会ったときの印象
ロックバンドをやっているのに、控えめで、照れ屋な若者。静かな熱さを感じました。
・監督の作品とニコの音楽を組み合わせてどうだったか
曲を聴かせて頂いた上で、脚本を考えたのですが、かなりすぐ具体的な映像が浮かんだような気がします。二コの曲は浮かびやすいのかも知れません。映像的と言いますか。なので、幸福なマッシュアップが出来たと思っています。
・今回のPV、監督としてのみどころ
特に間奏で、演奏を楽しむメンバーが大好きです。ストーリー的にはやはり、ラストで“机が繋がる”のは気持ちがいいんじゃないかと思います。
・天地ガエシの歌詞をどのようにとらえたか
次なる一歩。それを踏み出すために、一度真っ白になれ、と言われている気がしました。

関連画像

PHOTO RANKING 写真ランキング