ブルゾンちえみ、オースティン・マホーンとのコラボとビッグサプライズにネット上では羨望の声続出。「羨ましい」

2017.4.24 17:19

ブルゾンちえみ、オースティン・マホーンとのコラボとビッグサプライズにネット上では羨望の声続出。「羨ましい」サムネイル画像

ブルゾンちえみ/(c)E-TALENTBANK

23日放送の日本テレビ系「行列のできる法律相談所」で、お笑い芸人・ブルゾンちえみにアメリカの人気歌手、オースティン・マホーンがサプライズドッキリを仕掛け、反響を呼んでいる。

ブルゾンちえみがネタ中に使用している楽曲「Dirty Work」を歌っていることで知られるオースティン。ブルゾンちえみの登場により日本での知名度が上がり、ビルボードJAPANの洋楽チャートで同楽曲が5週連続1位を獲得するなど人気を博している。ブルゾンちえみの存在を知ったオースティンは、Twitterを通じてブルゾンちえみに「サポートしてくれてありがとう」とメッセージを送っていたことなども話題になっていた。

今回仕掛けたドッキリは偽のお笑い番組にブルゾンちえみを呼び出し、ネタを披露してもらった後、オースティンが突然ステージ袖の壁を突き破って登場するというもの。オースティンに気づいたブルゾンちえみは「ヤ〜!!ヤダ!待って!!ウソ!!」と大興奮しステージ上を逃げ回る。VTRを見ているスタジオでも「女の顔になっている」と指摘され大盛り上がりを見せていた。

さらに追加のサプライズとして、オースティンはブルゾンちえみとコラボレーションを提案する。ネタを披露するブルゾンちえみのバックで、オースティンは「Dirty Work」の生歌を披露した。ネタの終わりには2人で「35億」の決めゼリフも残し、オースティンはブルゾンちえみの頬にキスをした。これにはブルゾンちえみも照れながら「マジで?」と喜んでいる様子だった。

Twitterでは夢のコラボレーションに「夢の共演や」「わたしにもチューしてください」「ブルゾンちえみが羨ましい」などの反響が寄せられている。

関連画像

関連記事