合言葉は「未来に向かって生きるぞ!」中川翔子“レベル29”を祝うバースデーライブ開催

2014.5.7 19:02

合言葉は「未来に向かって生きるぞ!」中川翔子“レベル29”を祝うバースデーライブ開催サムネイル画像

5月4日(日)~5日(月・祝)、“しょこたん”こと中川翔子が、毎年恒例のバースデーライブ「TOKYO SHOKO☆LAND 2014 ~RPG的 未知の記憶~」を、昨年に引き続き、東京ディズニーリゾート(R)内の舞浜アンフィシアターで開催。2日間4公演で合計約8,500名のファンを動員した。

しょこたんも大好きなRPGゲームの世界観で構成された今回のショーは、主人公のしょこたんが買ったばかりのゲームをはじめようとすると、そのままゲームの世界に入り込んでしまうシーンからスタートする。オアシスを探すため、全6ステージの冒険に出たしょこたんは、ダンサーやパフォーマーと共に自身の楽曲で構成されたゲームをクリアしていく。

今回の音楽監督は、ラジオ番組の共演がきっかけで、日本アニメ音楽を代表する田中公平が担当。本編では、田中氏がこのライブのために書き下ろした新曲「未知の記憶」「オアシス」の2曲も披露された。Stage5“未来のあなたへ”では、赤いドレスに身をつつみ「愛の讃歌」を熱唱。“シャンソン歌手”という夢に向かって一歩を踏み出すシーンも見られた。

クライマックスでは、仲間と共に宇宙船に乗りこみ「9lives」を歌い上げたしょこたん。「オアシスとは、今みんなと一緒にいられるこの瞬間なんだ」と叫び、ゲームをクリアできた感動が会場いっぱいに包まれた。

ライブ当日5月5日が、レベル29(29歳)の誕生日となるしょこたん。アンコールでは、サプライズでバースデーケーキが運び込まれ、会場全体で“ Happy Birthday to You”を大合唱した。来場したファンから祝福を受け「20代ラストイヤーのレベル29、もっともっと歌って、人生の経験値もたくさん積んで、カッコよく、アニソンもロックもシャンソンも歌いこなせる素敵な大人の女性になる!」とこれからの意気込みを語った。

ラストには「私も、みんなも、ひとりじゃない!一緒に未来に向かって生きるぞ!」と宣言し、ショーの幕が下ろされた。なお夜公演終了後には、秋ツアーと香港・台湾で行う「9lives Asia Tour 2014」も発表された。秋ツアーでは、今回の舞浜の“ショー”から一転、ROCKIN’ ON JAPANやCOUNTDOWN JAPAN等ロックフェスでもお馴染の「貪欲戦隊ギザレンジャー」を連れて全国を駆け回るので、また違ったステージを見ることができそうだ。

そして、中川翔子 Official YouTube Channelも開設され過去のMVなどが一挙解禁となった。こちらもあわせてチェックして欲しい。

関連画像