ギタリスト・木暮shake武彦(ex.Red Warriors)が90年代アメリカ在住時に率いた、多国籍アートロックバンド「CASINO DRIVE」復活LIVE決定!

2014.5.2 20:19

ギタリスト・木暮shake武彦(ex.Red Warriors)が90年代アメリカ在住時に率いた、多国籍アートロックバンド「CASINO DRIVE」復活LIVE決定!サムネイル画像

ギタリストの木暮”shake”武彦(ex.Red Warriors)が率いる多国籍アートロックバンド「CASINO DRIVE」の復活LIVEが、5月17日(土)に開催されることが決定した。

木暮”shake”武彦は、1982年、レベッカを結成し、アルバム2枚を制作、脱退。1985年、Red Warriorsを結成。4枚のオリジナルアルバムを制作し、武道館、西武球場のライブ成功させ、Red Warriorsは、名実共に日本を代表するロックバンドへと成長する。そして、Red Warriorsは1989年に解散、木暮”shake”武彦は渡米した。

その際に、アメリカで結成されたのが、CASINO DRIVEだ。日本・アメリカ・フランス・イギリスという多国籍なメンバーで構成されたこのバンドは2枚のアルバムを制作したが、活動期間が非常に短かったこと、また90年代当時は日本人アーティストが海外でバンド活動をすることは珍しく、ファンの間では長く「伝説のバンド」として語り継がれていた。

この伝説のバンド・CASINO DRIVEが、5月17日(土)、ついに一夜限りの復活を果たす。高円寺HIGHにて開催される「CASINO DRIVE RISING!」では、木暮”shake”武彦をはじめ、オリジナルメンバー・厚見玲衣(key.)とKenneth Andrew(Vo.)が揃うほか、サポートメンバーとして市川James洋二(B.)と保坂真記(Ds.)を迎える。

まさに伝説を目の当たりに出来る貴重な一夜となりそうだ。

CASINO DRIVE RISING!
2014年5月17日(土)@高円寺HIGH
OPEN 18:00 START 19:00

CASINO DRIVE
メンバー;木暮”shake”武彦(g,vo)、ケネス・アンドリュウ(vo)、厚見玲衣(key)、市川”JAMES” 洋二 (b)、保坂真記(dr)

関連画像

PHOTO RANKING 写真ランキング