どれを見る?2017年春ドラマ、続々スタート!豪華ラインナップの注目作品を主題歌と共にチェック[後編]

2017.4.11 17:20

どれを見る?2017年春ドラマ、続々スタート!豪華ラインナップの注目作品を主題歌と共にチェック[後編]サムネイル画像

(c)E-TALENTBANK

季節が移り変わり、春ドラマのニュースも多くなってきたこの頃。そんな4月スタートの新ドラマをまだチェックしていないという方も少なくないのでは?そこで今回は、前後編に分けて、各曜日ごとにピックアップした話題のドラマと主題歌を紹介する。

◆木曜日「100万円の女たち」[テレビ東京系 4月13日 深夜1時スタート]

【見どころ】
青野春秋原作の人気コミックをドラマ化した今作の主人公を演じるのは、ドラマ初出演&初主演のRADWIMPS野田洋次郎。昨年、映画「君の名は」の音楽を担当し、その名を一躍日本中に轟かせただけに、初のドラマ出演に注目が集まる。そんな野田演じる主人公に、毎月100万円を払いながら一緒に住むという謎の女性たちには、福島リラ、松井玲奈、我妻三輪子、武田玲奈、新木優子と、個性豊かで華やかな女性キャストが揃った。

【あらすじ】
道間慎(野田洋次郎)は売れない小説家。彼は半年前から5人の謎の美女たちと一つ屋根の下で暮らしている。女たちは家賃兼生活費として毎月100万円もの大金を慎に支払う。この共同生活にはいくつかルールがあり、彼女たちに対する質問は一切禁止されている。5人の美女たちの年齢は10代から30代と幅広いが、彼女たちがなぜこの家に集まってきたのか、普段は何をやっているのかなど一切は謎に包まれている。しかし、彼女たちとの奇妙な共同生活を通じ、女たちの過去や存在理由などが少しずつ解明されていく。同時に彼自身の身にも思いもよらなかった変化が起き始め、彼を取り巻く環境はどんどん変わっていく。そして、ある日。美女たちとのちょっと奇妙な共同生活に幸せを感じ始めていた慎に、すべてを崩壊させる事件が起きる…。

【主題歌】
コトリンゴ「漂う感情」
コトリンゴは主題歌を担当するにあたり「主人公である道間さんの流され漂っている感じ、割り切れない感情、それからミステリアスな状況をどう表現できるだろうと思い試行錯誤しています。どうぞ、お楽しみに!」とコメントを残している。今作のために書き下ろしたという楽曲が、不思議な雰囲気の漂うこのドラマにどうマッチしていくのか楽しみだ。

◆金曜日 「リバース」[TBS系 4月14日 夜10時スタート]

【見どころ】
原作はイヤミス(後味の悪さを感じるミステリー)の女王と呼ばれる、湊かなえの同名小説を、藤原竜也の主演で連続ドラマ化。今までダークヒーローや個性的な役柄の多かった藤原が、今作で”つまらないほど普通で地味な冴えない男”をどう演じるのかも気になるポイントだ。また、藤原竜也と恋人役の戸田恵梨香とは映画「デスノート」以来、11年ぶりの共演ということでも話題になっている。

【あらすじ】
物語は主人公・深瀬和久の恋人のもとに「深瀬和久は人殺しだ」という告発文が届く。その時、深瀬は心の奥底にずっと封印していた親友の死と向き合うときが来たと直感するのだった。 10年前の冬、大学のゼミ仲間で行ったスノボ旅行中に不審な事故死を遂げた親友。しかし、この事故には隠された大きな『秘密』があった。この『秘密』を共有したゼミ仲間にも告発文が送られ、彼らにも次々と事件が襲いかかる。深瀬は大事な人を守るために、10年前の事件の真相と向き合うことを決意する。10年前の隠された罪と真相、脅迫犯の正体とは──!?

【主題歌】
シェネル「Destiny」
シェネルは今回の決定に「私たちの誰もが生きていく中でも、その良し悪しは別として “運命” と呼びたくなるような、そういうふとした瞬間があるものです。『リバース』では、交錯する想いのなか、人は出逢い、そして惹かれあう、それもまさに“運命”です。そういったテーマを歌った『Destiny』をドラマと共に聴いて頂けるとうれしい限りです。」とコメントし、その美しい歌声でドラマを彩る。

◆土曜日 「ボク、運命の人です。」 [日本テレビ系 4月14日 夜10時スタート]

【見どころ】
2005年に放送されたドラマ「野ブタ。をプロデュース」以来となる、亀梨和也と山下智久の共演が話題の今作。12年の時を経て、共に30代となった2人の演技に期待が寄せられる。山下が「自称・神」を演じ、「自称・神」に告げられた通り、“運命の人”へ告白する男を亀梨和也が演じる。亀梨が“運命の人”だとするヒロインは、木村文乃。こちらも現在各方面から引っ張りだこの人気者だけに、名コンビの2人を相手にどんな演技を見せるのか期待されるところだ。

【あらすじ】
今年30歳になる2人の男女。小さな頃から何度も奇跡のようなすれ違いを繰り返してきた2人だが、互いに顔も名前も一致していない。そんな時、男の目の前に「自称・神」と名乗る謎の男が現れる。彼は言う。あなたたちは絶対に恋をしなければならない「運命の二人だと」。そして男は声をかけた。ほぼ初対面の彼女を呼び止めて、「こんにちは。ボク、運命の人です。」と。最悪の出会いから始まる、最大の「運命」の物語。

【主題歌】
亀と山P「背中越しのチャンス」
なんと言っても、「野ブタ。をプロデュース」の主題歌として大ヒットした「青春アミーゴ」の修二と彰以来となる、亀梨と山下の二人の楽曲に注目が集まっている。ドラマのイメージソングという部分で、どんな曲になるのかという部分もチェックしたいポイントだ。

◆日曜日「フランケンシュタインの恋」[日本テレビ系 4月23日 夜10時スタート]

【見どころ】
綾野剛が恋する怪物を演じ、二階堂ふみがヒロインを務める。「王道のラブストーリー」だという今作について綾野剛は「観てくれる方がむずがゆくなるような、時に切なく、時に共感出来るような怪物、物語を皆さんにお届けします」とコメントしている。また、共演には柳楽優弥と、元AKB48で卒業後は女優として活躍する川栄李奈が顔を揃えている。

【あらすじ】
怪物は100年もの間、人間から身を潜め、孤独に生きてきた。しかし、怪物は彼女に出会ってしまった。怪物は人間に恋をした。不老不死の怪物が恋を知り、友情を知り、世界を知っていく。歳の差100歳のラブストーリー。

【主題歌】
RADWIMPS「棒人間」
ボーカルの野田洋次郎は「人間が歌うからこそのこの『棒人間』という楽曲だと思っていたので最初この曲でお話を頂いた時は少し驚きました。ただ、人間だらけの中で懸命に生きるたった一人の『自分』という主人公の物語なのだとしたら、それは僕たちもフランケンも一緒なのかもしれません。どんなふうに現代を生きる怪物とこの楽曲が共鳴するのか、今からとても楽しみです。」とコメント。まさに人間ではない怪物が主人公となる本作に、歌詞も、メロディーも奇跡的なほどにマッチした一曲となっている。

関連画像

関連記事