3ヶ月弱で300万再生!和楽器バンド「千本桜」に世界中で中毒者続出

2014.4.30 14:18

3ヶ月弱で300万再生!和楽器バンド「千本桜」に世界中で中毒者続出サムネイル画像

伝統芸能とロックを融合させた新人バンド“和楽器バンド”が旋風を巻き起こしている。

1月31日にYouTubeへ投稿された「千本桜」のミュージックビデオが僅か3ヶ月足らずの4月24日、300万再生を突破。特に200万再生を超えた4月4日からは3週間足らずで100万回以上再生され、現在も猛烈な勢いで再生数を伸ばしている。

「元々、千本桜という楽曲は初音ミクのボーカルによる超人気ボカロ曲で世間的な認知度も高いのですが、一般人の中にはボーカロイドの音声自体を毛嫌いする人も多かった。そこへ和楽器バンドが圧倒的な演奏力と歌唱力で同曲をカバーし、動画を上げたことで、改めて楽曲の持つポテンシャルの高さが一般に広く認知されたのです。(音楽関係者)」

また、フジテレビ「めざましテレビ」への出演も和楽器バンドの人気を後押しした。番組オンエア後Twitterをはじめとする各SNSで「心を盗まれた」「美しすぎる」等のメンバーを絶賛するコメントが呟かれ、Twitterのトレンドワード上位にも浮上した。

そして4月23日に発売されたメジャーデビューアルバム「ボカロ三昧」はデビュー作にもかかわらずオリコンウィークリーランキングで5位に入り、iTunesを始めとする各配信サイトでも上位にランクインされている。結成から1年足らずでは快挙と言える。

そんな和楽器バンドのスローガンは“日本人にしか出来ない音楽を世界に発信する”。その礎として7月にフランスのパリで行なわれる世界最大規模のジャパンカルチャーの祭典「JAPAN EXPO 2014」のメインステージに出演も決まっている。

まさに2014年最大の要注目新人となること間違いない。

関連画像