史上初!世界遺産・清水寺でラッパーANARCHYが新作MVの撮影敢行

2014.4.30 14:18

史上初!世界遺産・清水寺でラッパーANARCHYが新作MVの撮影敢行サムネイル画像

昨年アルバム「DGKA (DIRTY GHETTO KING ANARCHY)」をフリーダウンロードで公開し、アメリカの大手配信サイトのチャートで1位を獲得するなど大きな話題を呼んだ国内ヒップホップシーンを代表するラッパー・ANARCHY。新曲「RIGHT HERE」を発表したばかりの彼が、同曲のMVを公開した。

このPVのロケ地は1200年の歴史を誇るユネスコ世界遺産、清水寺。MVの撮影場所に清水寺が使用されるのは史上初のこととなる。

今回の撮影はANARCHYが熱望したもので、自身が手紙をしたため清水寺へ送るなど、直接アプローチ。その熱意が清水寺側に認められて実現に至ったという。このことについてANARCHYは「清水寺は地元・京都で一番好きな場所。友達が京都に来た時は必ず連れてくる。この場所で撮影ができた事を嬉しく思います。」と喜びのコメントを述べている。

新曲「RIGHT HERE」は今月16日に配信が開始されたANARCHYの記念すべきメジャー・デビュー・シングル。「仲間とここまで来た / 諦める事はいつだって出来た」と歌うストレートな歌詞が印象的な楽曲で、iTunesヒップホップチャートで1位を獲得するなど早くも大きな話題を呼んでいるが、今回のMV公開で更なる注目を集めそうだ。

関連画像