鬼龍院翔、CDリリースよりも優先して取った行動とは?「計3分くらいしか居れなかったけど……」

2017.4.6 21:05

鬼龍院翔、CDリリースよりも優先して取った行動とは?「計3分くらいしか居れなかったけど……」サムネイル画像

ゴールデンボンバー

5日にゴールデンボンバーの新曲「#CDが売れないこんな世の中じゃ」がリリースされたが、ボーカルの鬼龍院翔がCDの売れ行きの確認よりも優先して、意外な行動をとったことをブログで明かしている。

「本日発売!」と題したブログで鬼龍院は冒頭にCDの紹介をしていたが「今日はツアースタッフさんの結婚式があって、一瞬だけ顔出させてもらったんだ」と告白した。

鬼龍院によると、結婚した2人はゴールデンボンバーのツアーで出会い、ゴールインしたのだそうで、セルフメイクをしてサプライズで「女々しくて」を歌いにいったのだと綴っている。

「歌で2分半、挨拶で30秒の計3分くらいしか居れなかったけど直接お祝いできてよかった!」と、短い時間ながらもサプライズは成功した様子で「御結婚おめでとうございます!」とお祝いの言葉を送った。

続けて鬼龍院は「式場が渋谷からわりと近かったから」という理由で、渋谷のタワーレコードに移動して新曲の売れ行きをチェック。品切れ状態だったことに「CDが売れないこんな世の中にCDが売れているのか…はたまたCDが売れないこんな世の中だから少ししか仕入れ&生産してないのか…」とタイトルになぞらえた言及をしながらも、購入した人々に感謝を述べていた。

また、同メンバーの樽美酒研二も、5日深夜に更新された自身のブログで「めでたいお話」というタイトルで「うちのツアースタッフさん同士の結婚式の二次会に参加してきました」と報告し「どーかいつまでも幸せでありますよーに」と祝福している。

「#CDが売れないこんな世の中じゃ」はCDリリースとともにQRコードでの無料配信を実施しており、発売前には事務所のミスでQRコードが流出してしまったが、鬼龍院の機転で急きょダミーの曲を作り事なきを得るなどして話題となった。

関連画像

関連記事