NEWS手越祐也、先輩に暴言を吐いたエピソード告白。「おめぇらの歌が…」その矛先にはテゴマスの増田も

2017.4.5 17:28

4日放送の日本テレビ系「ウチのガヤがすみません!」で、NEWSの手越祐也がジャニーズJr.時代に先輩へ暴言を吐いたというエピソードを披露した。

タレントのヒロミと、フットボールアワーの後藤輝基が司会を務め、人気芸人50人とともにゲストをもてなすという同番組は4日がレギュラー化初放送となり、ゲストとして手越と、同じくニュースの加藤シゲアキが登場した。

2人のジャニーズでのデビューに関する話題になると、手越は中学3年生でジャニーズに入ったその10ケ月後にNEWSとしてデビューしたのだと明かし、スタジオでは驚きの声が上がった。このスピード出世を聞いた後藤が「周りの当たりちょっとキツくなかった?」と質問すると、手越は当時のエピソードを明かす。

手越によると、ジャニーズに入りたてホヤホヤのときにマイクを持つという抜擢があり、その際手越らと分けられていた先輩たちの楽屋から「手越って奴誰だ? 人気もなくて雑誌にも出たことないのに、アイツが出てきて(観客が)沸く訳ねーじゃねーか」という声が聞こえてきたのだそう。

すると手越は「おめぇらの歌が下手だからだろうがよ!」と楽屋ごしに言い返したのだと当時を振り返り、隣の部屋にはNEWSの増田貴久もいたのだと明かしてスタジオの笑いを誘った。

これを聞いた加藤は手越について「振り付け師に怒られて、食べてるメロンパン投げつけたりとか」と、当時の尖りぶりをさらに暴露していた。

ジャニーズ初期は”ツンケン”していたと語る手越だが、先日放送の他番組でバラエティー番組に出演することで現在のキャラクターができたのだと明かしている。

関連記事