木村拓哉に続いて中居正広も陥落?青木アナからの“愛に満ちてる”呼び方に、中居「今年一番恥ずかしかった」

2017.4.5 11:46

4日放送の日本テレビ系「PON!」で、青木源太アナウンサーが中居正広に行ったインタビューが“愛に満ちてる”と話題になっている。

ジャニーズ好きを公言している青木アナは、今回は同局系「ザ!世界仰天ニュース」収録後のスタジオに現れ、中居とタレント・笑福亭鶴瓶へインタビューを行った。

インタビューVTRの冒頭で青木アナは物陰から「な〜か〜い〜く〜ん〜」と、SMAPのコンサートでは恒例となっていた彼らの人気曲「CRAZY FIVE」の“掛け声”で中居に呼びかける。これにはスタジオの観覧客からも「フゥ〜!」と歓声が上がるも、中居は「なんか『フゥ〜』の感じが安すぎて嫌なんだけども……」と困惑した顔を見せる。

そんな中居をよそに青木アナが「みなさんも一緒に!」と観覧客を煽ると、スタジオにいた観覧客全員から大きな「な〜か〜い〜く〜ん!」の“掛け声”が上がる。それを聞いた中居が堪忍したように小さく「なぁ〜にぃ〜」とコールアンドレスポンスに応えると、スタジオからは大きな拍手が起こった。

青木アナの仕掛けた無茶振り対応に一杯食わされる形となった中居は「今年一番恥ずかしかった……」と苦笑しながら、突然の出来事に素直な感想をこぼしていた。

Twitterでは「ほんとに愛に満ちてる青木アナ」「青木アナの振りは愛を感じます」「中居くんもうれしそう ありがと青木アナ」と。2人のやり取りや青木アナのジャニーズ愛っぷりに反響が多く寄せられていた。

青木アナは今年2月にも木村拓哉にインタビューを行ったときに、まったく同じやり取りを行い話題になっていた。残念ながら青木アナの「き〜む〜ら〜く〜ん〜!」という呼びかけに木村は苦笑いするのみで“レスポンス”はなかったものの、インタビュー中にはガッチリと握手を交わすなど、青木アナの愛は伝わっていたようだ。

関連記事