尾野真千子が氣志團のマネージャーに!堂々の学ラン姿も披露

2014.4.25 15:32

尾野真千子が氣志團のマネージャーに!堂々の学ラン姿も披露サムネイル画像

フジテレビ「月9」ドラマ「極悪がんぼ」の主題歌に決定した氣志團の新曲「喧嘩上等」のミュージックビデオに、ドラマで主演する尾野真千子がCDジャケットに続いて出演する事が決定した。

綾小路 翔は『尾野真千子さんにジャケットのカバーモデルを依頼した所、楽曲もとても気に入っていただき、ミュージックビデオへのご出演も可能であるとの旨ご連絡いただきました。そのお話をきいて、自分が一番、尾野さんに演じていただきたいと思った最高に”がんぼ”な演出が、この女性マネージャーが奮闘するミュージックビデオのストーリーなんです。』と語った。

綾小路の“がんぼ”なイメージがマネージャーという背景には、氣志團の歴代マネージャーは女性が務めている期間が長く、氣志團の為に青春を投げ打って尽力してくれている事に感謝すると共に、日々の奮闘している姿が、がんぼ=マネージャーとなったそうだ。

一方、尾野真千子は「蹴ったり、殴ったり、笑ったり、泣いたり、色んな事をさせていただき、本当に楽しかったです!」というコメント通り、ミュージックビデオでは、「喧嘩上等」の歌詞にもある「度胸、愛嬌、最強」の女性を名演し、今回の共演の為にあつらえた学ラン姿で(綾小路 命名「尾野ラン」。腕章には「魔血呼」<マチコ>の刺繍。) 啖呵を切るシーンでは、そもそもミュージックビデオへの出演の為、台詞は予定されていなかったが、急遽、監督からの要望があり「喧嘩上等!!」のど迫力な台詞回しで圧巻の演技も披露されている。

また、綾小路 翔が写真週刊誌に女性とのキス現場を掲載され、尾野さんから詰め寄られるシーンは、当時の女性マネージャーとの実体験がもとになっており、撮影時、「昔、俺、北海道で同じような事があって、ん?わからん」と、シラを切った経験があると明かしていた。

関連画像