E-girlsが「ちびまる子ちゃん」のオープニングテーマ曲を担当!「おどるポンポコリン」に史上初の振り付け

2014.4.25 12:33

E-girlsが「ちびまる子ちゃん」のオープニングテーマ曲を担当!「おどるポンポコリン」に史上初の振り付けサムネイル画像

フジテレビ系アニメ「ちびまる子ちゃん」のオープニングテーマ曲「おどるポンポコリン」をE-girlsが担当することが分かった。(5月4日放送分より)

カラフルポップでキャッチーな楽曲とキレの良いダンスパフォーマンスが話題で、昨年末のNHK紅白歌合戦にも初出場を果たすなど、いま人気急上昇中のE-girls。

今回のコラボレーションが実現したことで「ちびまる子ちゃん」史上初めて「おどるポンポコリン」に振り付けが付くことになった。

E-girlsのリーダーであるAyaも『日曜日は必ず家族みんなでちびまる子ちゃんを見て「おどるポンポコリン」を歌っていました。どの世代の方もきっとご存知の名曲をE-girlsがカバーさせたいただけたことが、完成した今でも信じられません。お子様から大人の方まで、とにかく日本中のみなさんと一緒に踊りたいです!!(Aya)』と感激しきりだ。

オープニング映像アニメでは、E-girlsのメンバーであり本楽曲のヴォーカルを務めるAmi、藤井夏恋、鷲尾伶菜、武部柚那の4名が、まる子とお揃いの衣装を着て”ピーヒャラダンス”を披露している。

“ピーヒャラダンス”とは、今回E-girlsが「おどるポンポコリン」を踊るにあたり特別に考案された振り付けで、サビの歌詞「ピーヒャラ」の部分で笛を吹くような動作を取り入れたユニークなダンス。

『ピーヒャラダンスは子供から大人まで幅広い世代の方が一緒になって楽しめる振り付けです!思わず踊りたくなる振り付けなので、歌詞に当てはめられている振り付けに注目っ♪ 踊るとハッピーになります!(藤井夏恋)』とコメントしている。

日本中を笑顔にピーヒャラダンスで盛り上げたいと願うE-girlsの思いがつまった今回の「おどるポンポコリン」は、よりポップでダンサブルな仕上がりとなっている。

関連画像