「逃げ恥」DVD&Blu-rayの予約販売数に、脚本家・野木亜紀子氏が言及。「『えっ!?』と聞き直してしまった」

2017.3.29 12:17

「逃げ恥」DVD&Blu-rayの予約販売数に、脚本家・野木亜紀子氏が言及。「『えっ!?』と聞き直してしまった」サムネイル画像

(c)TBS

3月29日、昨年末放送され一大ブームを巻き起こしたTBSドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」のDVD&Blu-rayが本日発売された。

これに先立って、28日、同作品の脚本を担当した野木亜紀子氏が自身のTwitterアカウントで、このDVD&Blu-rayの予約販売数について言及。「逃げ恥DVD&Blu-rayの予約販売数が凄いことになっていて『えっ!?』と聞き直してしまった。」とその数が予想外にすごいものだったことを明かした。

そして、野木氏は「皆様ありがとうございます。最終話はテレビ未放送シーンを含むディレクターズカット版です。それを見ながらガッキー源さん野木がダラダラ喋るオーディオコメンタリーがBOX特典についてます。」と感謝の気持ちを述べると共に、特典について伝えていた。

28日には読売、朝日、毎日、日経の4紙にて、DVD&Blu-rayの同全面広告が掲載。そのデザインも各紙毎に違うという凝りようでTwitterでも「さすが逃げ恥だねぇ……」「逃げ恥の新聞広告やばいな。」「逃げ恥の新聞広告凄え…」と話題になっていた。

関連画像

関連記事