東武東上線ふじみ野駅東口に「ももいろクローバーZ駅」の看板が 「ももクロ春の一大事2017」を盛り上がる異色コラボ

2017.3.28 21:00

東武東上線ふじみ野駅東口に「ももいろクローバーZ駅」の看板が 「ももクロ春の一大事2017」を盛り上がる異色コラボサムネイル画像

ももいろクローバーZ

東武鉄道は東武東上線ふじみ野駅東口に「ももいろクローバーZ駅」の看板を掲げることを発表した。

この看板は4月5日から5月7日まで期間限定で掲示されるもので、4月8〜9日に富士見市制45周年を記念したももいろクローバーZのコンサート「ももクロ春の一大事2017 in 富士見市〜笑顔のチカラつなげるオモイ〜」の開催に関連したコラボレーション企画だ。駅名看板のある場所に「ももいろクローバーZ駅」と掲げることで、イベントの盛り上げ役として一役買いそうだ。看板にはグループ名のほか、メンバー5人の写真も掲載している。

このコラボレーションをPRするため、50000型車両5編成に、各メンバーの顔写真を掲載し、各メンバーのカラーでデザインしたヘッドマークを掲出した「ももクロ号」を池袋駅〜小川町駅間で運行する。

また4月1日からは鶴瀬駅やふじみ野駅など富士見市内の東武線各駅からの記念乗車券(片道)とももいろクローバー駅キーホルダーを発売する。乗車券の価格は6枚組で1000円(税込み)で5000セット限定。キーホルダーは500円(税込み)で6000個限定となっている。

ももクロと鉄道会社の異色コラボの発表に、Twitterでは「ふじみ野がももいろクローバーZ駅だと?」「なんてこった。大学の最寄駅が。最寄どこって聞かれたら「ももいろクローバーZ駅」って言うのか」「ももいろクローバーZ駅とか笑うしかなくない??」などと驚きと歓迎の声が多数寄せられている。

関連画像

関連記事

関連リンク