伊藤千晃、AAAとして“最後”の舞台で涙ながらにコメント。「生まれ変わってもAAAをやりたいなって」今後の活動についても言及

2017.3.26 19:00

伊藤千晃、AAAとして“最後”の舞台で涙ながらにコメント。「生まれ変わってもAAAをやりたいなって」今後の活動についても言及サムネイル画像

伊藤千晃

24日にLINELIVEで生配信した「AAA Chiaki Ito Talk Show」で、AAAの伊藤千晃が、グループのメンバーとしては最後のステージに立った。

番組では五戸美樹アナウンサーの進行のもと伊藤が単独で登場して、AAAとしての活動や思い出を振り返ったほか、ファンとの交流を楽しんだ。

イベント終盤になり、五戸アナに最後の一言を求められた伊藤は、「AAAの伊藤千晃としてステージに立つのは、これで、最後になります」と話したところで感極まってしまい「ちょっと待ってね……ちょっと、泣けてきちゃう」と、目に涙を浮かべた。

それでも伊藤は気を取り直して「ちゃんとしなきゃね」とコメントを続けた。「12年本当あっという間でした。そして本当に素敵な人生でした。生まれ変わってもAAAをやりたいなって思うくらい、すごい本当に何にも変えることができない、本当に私の素晴らしい人生だなと思っています。その中で、こんな人生を一緒に歩んでくれた、6人のメンバーに心から感謝してます。そして、いつも隣で味方でいてくれて、支えてくれた家族、友達、スタッフの皆さんにとても感謝してます。」

ファンへの感謝の気持ちも述べた伊藤は「これからは伊藤千晃として、そしてひとりの女性としても、また頑張っていきたいと思いますので、皆さんこれからもどうかよろしくお願いします。そしてこれからもAAAをよろしくお願いします。」と話し、「これで私と会うのは最後ではないので、また皆さんと会う機会をたくさん作っていきたいと思います。まずはAAAとしての素敵な12年を一緒に歩んでくれてありがとうございました。また次、皆さんに会えることを楽しみにしています。」と今後も活動する予定があることに言及した。

最後は「また笑顔で会える日を楽しみにしていますので、是非また皆さん、私に会いに来てください。今日はどうもありがとうございました」と感謝の言葉で締めくくった伊藤がコメントを終えると、会場は温かな拍手が沸き起こった。

伊藤は今年1月に一般人男性との結婚・妊娠を発表し、同時に3月末で12年もの間活動したグループ・AAAを卒業することを発表。ファンを驚かせた。この際、同じAAAの女性メンバーとして活動してきた宇野実彩子はInstagramにて「母になる千晃が誇らしく愛しいです。本当におめでとう。決めた道を進む千晃を全力で応援してるよ。小さいけど頼もしい背中をいつでも見守ってるよ。新しい温かい幸せが千晃に溢れるように。」と祝福の言葉とエールを送っていた。

関連画像

関連記事

関連リンク