倖田來未、突然息子に降りかかった“まさか”の事態を明かす。「ジョリジョリ音がするから…」

2017.3.23 20:50

倖田來未、突然息子に降りかかった“まさか”の事態を明かす。「ジョリジョリ音がするから…」サムネイル画像

倖田來未

22日放送のテレビ朝日系「徹子の部屋」にアーティストの倖田來未が出演し、息子とのエピソードを語った。

番組では、倖田の家族や幼少期、人気歌手になるまでの道のりについてのトークを展開していった。その中で、自身の4歳になる息子との生活を公開する場面があった。

倖田は台湾での海外ライブの時に、実家の両親に息子を預けていたところ、母親が泣きながら電話をかけてきたという。倖田は事故か何かかと思ったが、テレビ電話をすると、丸坊主姿の息子が登場したと話した。

倖田は「お父さんが結構、家で自分でね、バリカンで坊主にしてるタイプのお父さんで」と前置きをした後、「夏場だったんですけど、(父親が)『暑いやろ!』っていうてお風呂場でジョリジョリ音がするから何かな?と思ったら、息子が頭、気付いたら刈られてて」と語った。

さらに、倖田は「『もうすぐ結婚式やのに』とか言いながら。髪の毛伸ばしてたのに。それでもう結局、丸刈りのまま結婚式迎えたんですけど。」と当時を振り返り、「すごいハンサムボーイみたいな感じで作り上げてたんが、一気に一休さんみたいになって帰ってきて」と笑いを誘った。

3月8日にリリースされたアルバム『W FACE ~inside~』に収録された曲に息子の声が収録されたことに話が及ぶと、倖田は「Charaさんに作詞作曲を一緒にやって頂いた時に」と前置きをして、「『僕はいつまででもお母さんのファンだよ』っていう、そういう曲を作りたいっていうことをCharaさんにお伝えして作っていただいたら、(Charaが)『だったら、息子ちゃんに歌って貰えばいいじゃん』みたいな」と経緯を明かした。

さらに、倖田は「『この曲歌ってほしいんやけど』って(息子に)言ったら、結構ノリノリで歌ってくれて」と話し、「家族の曲みたいなのを初めて作ったんですけど、倖田來未が子供産んだ後に、家族のことを歌うのにちょっと違和感があって」とアーティスト・倖田來未と家族というものを交差させたくなかったと語ったが、「こういう機会をCharaさんに頂いて、初めて愛のある、家族の曲を作ることができた」と語っていた。

3月8日に同時発売された『W FACE ~outside~』と『W FACE~inside~』が今週発表の最新3/20付オリコン週間アルバムランキング(集計期間:3月6日~3月12日)において、1・2位を獲得。アルバム1位・2位独占は自身初の快挙だけではなく、オリジナル盤としては、故・藤圭子(1970/7/27付他※6週連続『新宿の女/“演歌の星”藤圭子のすべて』と『女のブルース』)に続く女性ソロ2人目の47年ぶりの大快挙となった。

関連画像

関連記事

関連リンク