華原朋美の「T・Kがお世話になりました」発言や自由トークにマツコも困惑?「この話どこまで使えるの……」

2017.3.21 17:30

華原朋美の「T・Kがお世話になりました」発言や自由トークにマツコも困惑?「この話どこまで使えるの……」サムネイル画像

華原朋美

20日放送の日本テレビ系「PON!」で、華原朋美がマツコ・デラックスと初共演し、華原のトークにマツコが困惑する場面があった。

番組では、同局系深夜番組「月曜から夜ふかし」の舞台裏に華原と青木源太アナウンサーが潜入し、共演の様子が放映された。華原はマツコとの初共演に興奮し、マツコに抱きついて喜んでいた。

マツコの服装をほめる華原は、突然「他局なんですけれども」と前置きし、「T・K(小室哲哉)がお世話になりました」と、今年1月に放送されたTBS系「マツコの知らない世界」でマツコが小室と共演した際の話題を切り出す。同番組で小室は華原の代表曲「I’m Proud」の詞は華原の意見を取り入れて書き直した2作目であるのだと告白していた。

その放送について華原は「(曲の詞を)私が『それは違う』って言って変えたわけじゃないんですよ」と語り、小室が作詞をしていたときのことを振り返った。一緒にいた華原はシャンパンのグラスの中にイチゴを入れる様子を見て、「I’m Proud」の歌詞に「いちご」という言葉を入れるのはどうかと提案したのだと語るが、華原のマイペースなトークにマツコはスタッフに目配せをして困惑している様子だった。

華原の話を聞き終わったマツコは「(歌詞を)全部変えたわけじゃないのね!」と相槌を打っていたが、「この話どこまで使えるの?大丈夫?」とスタッフに向かって話しかけると、スタジオからは笑いが起こっていた。

関連画像

関連記事