元人気アイドルが痴漢被害体験を告白。「男の人の大事なところを…」

2017.3.17 21:37

15日放送のインターネット番組Abema「原宿アベニュー」で、元アイドリング!!!メンバーの大川藍が、自身の痴漢の被害体験を告白した。

生配信した番組では、東京メトロと東京都交通局がすべての地下鉄車両に防犯カメラを設置することを発表したというニュースを紹介した。また毎年4,000件前後の痴漢が検挙されているとのデータが紹介されると、その多さに出演者たちは驚きの声を上げていた。

痴漢被害にあったことがあるかを聞かれた大川は「ありますね」と答え、「わかりやすくギュッ(と掴まれる)とかはないですけど、ふぁさふぁさーとか。男の人の大事な部分をぎゅって(当てられたり)とか…」と告白。相手の男性に注意はできず、身体をそらすなどしてその場を乗り切ったことを明かした。

お笑いコンビ・FUJIWARAの藤本敏史に「『やめてください』の一言は言えへんの?」とたずねられると「言えないんですよ」とコメント。続けて「本当かどうか確信が持てないので」と答え、「カバン(が当たってる)かもしれないから…怖いです」と、注意したくてもできない女性目線での悩みを打ち明けたのだった。

アイドルが一般人からの嫌がらせなどの被害に苦しむケースは意外に多い。2日に放送のフジテレビ系「バイキング」でも地下アイドルグループ、仮面女子のメンバー・川村虹花がストーカー被害について告白した。川村は自身がSNS上にあげた写真からファンに自宅を特定され「私のわからないところで見られてたってのもありますし、私の前に(そういう人が)いつ現れるのかわからないので、常に恐怖です」と、消えない不安を吐露している。

関連記事

NEWS RANKING ニュースランキング