日本一かわいいJKの衝撃ゾンビ姿公開動画が、YouTube急上昇ランキング2位を記録

2017.3.17 22:09

日本一かわいいJKの衝撃ゾンビ姿公開動画が、YouTube急上昇ランキング2位を記録サムネイル画像

永井理子

昨日3月16日(木)に公開された「安城市PR動画」が、本日3月17日(金)正午時点で、YouTube急上昇ランキングで最高位2位を獲得した。すでに視聴回数は10万回を突破し、自治体PR動画ではまれにみる大ヒットを記録している。

主演は地元愛知県安城市出身で”女子高生ミスコン”で初代グランプリに選ばれた”りこぴん”こと永井理子(ながいりこ)。フジテレビ系テラスハウスでの出演のほか、先月2月24日から上演された舞台『帰還 ~超一流の幸福術~』で初主演を果たし、活躍の場を広げている。

本作は日本一かわいい女子高生“りこぴん”がゾンビ姿で現れるインパクトのある登場シーンから始まる。安城市が掲げる「健幸(ケンサチ)」というキーワードをもとに、“ゾンビでさえも健康で幸せになってしまう”まちの魅力を、オリジナルの「歌」と「ダンス」を加えて表現している。

ダンスを手掛けたのは、きゃりーぱみゅぱみゅ「PON PON PON」のMVなどを手掛けている振付稼業air:man(ふりつけかぎょうエアーマン)。作曲はAKB48「イチニノサン」などを作曲した村井大(むらいだい)氏。作詞は大原櫻子「Realize」などの作詞を手掛けた坂井竜二(さかいりゅうじ)氏。歌手はフジテレビ「ハモネプ2015」で優勝した経歴を持つ地元シンガー、伊藤ゆり氏。テロップデザインにはアニメ「けものフレンズ」のタイトルロゴを手掛ける地元出身の米田龍平(よねだりゅうへい)氏を起用。本作の監督を務めたのが渋江修平(しぶえしゅうへい)氏、小学生あるあるを描いた「KIRINプラズマ乳酸菌WEBムービー」で大きな話題を生んだ新進気鋭の映像監督だ。

豪華キャスト、クリエイター陣で制作された自治体発のPR動画とは思えないハイクオリティな「安城市PR動画」をぜひその目で確かめてほしい。

関連画像

関連記事

関連リンク

NEWS RANKING ニュースランキング