草なぎ剛、SMAP解散後の心境を告白。「状況が変わってるのは確かだし…」

2017.3.16 11:30

14日放送のフジテレビ系「みんなのニュース」で草なぎ剛がSMAP解散後の心境を告白した。

番組にVTR出演した草なぎは同ドラマの主演でソロのみでの活動をスタートさせたことについて「新しいスタートで積み上げてきたものもあるし、大変なことはあるんですけど、すごい充実して良いスタートになってるなあと思います」とまず自身の現在地を語る。

続けて「まあ、状況が変わってるのは確かだし、それによってなんかこう、大きく変わったってところはないんですけど」とSMAP解散後、変化していく環境の中でも、さほど自分の意識はあまり変わっていないと口にする。

しかし、「やっぱりどこか無意識の中で、もしかしたらいつもよりかは大きなプレッシャーとかそういうのはあったのかなって思うんですけど」とソロ活動だけとなった自分の活動に対しての重圧を匂わせる。

それでも草なぎは「でもそれもそれで、乗り越えたり自分の中でこう、はねのけたりとかそういうエネルギーがまた新しい自分をこう、生み出したり作るものなんだなっていう感覚があるので」と前向きな姿勢で新たなスタートを切っているとコメントした。

14日に草なぎが主演を務めたドラマ、フジテレビ系「嘘の戦争」は最終回を迎えた。草なぎ演じる天才詐欺師・浩一の30年越しとなる復讐劇の結末は、放送後に視聴者が様々な意見をSNS上に展開するなど大きな話題を呼んだ。同ドラマの裏番組には盟友・中居正広が「侍ジャパン公認サポートキャプテン」を務めるWBC日本代表戦が2週続けて放送されたにもかかわらず、「嘘の戦争」ラスト2回の視聴率は10%越え。初回から最終回まで2ケタ視聴率をキープしたことで、俳優・草なぎ剛に対しての支持の高さがここにあらためて証明された。

関連記事