V6岡田准一“キスマーク”で退学騒動に発展!?高校時代のエピソードを明かす

2017.3.15 17:26

14日深夜放送のTBS系「Good Time Music」で、V6の岡田准一がメンバーにつけられた“キスマーク”が原因で高校退学騒動にまで発展した過去を明かした。

番組では「やんちゃすぎる合宿生活」として、V6メンバーがデビュー当時の共同生活を語る場面があった。岡田はデビュー当時はいじられ役だったと語り、「高校のときにキスマークつけられて」と当時起こったエピソードを話し出した。

「エネルギーがありあまってた」という森田剛と三宅健にキスマークをつけられてしまったそうだが、恋愛禁止の高校に通っていた岡田は「退学になりそうになった」と話す。井ノ原快彦も「事務所中、大騒ぎになった」と当時の騒ぎを振り返った。

さらに三宅が長野博もその“キスマーク騒動”に岡田を押さえつける役として加担していたことを明かす。三宅と森田は事務所から厳しく叱られたそうだが、長野は「お前いい歳して押さえるな」とたしなめられたのだと話すと、スタジオからは笑いが起こっていた。

岡田は8月26日から全国ロードショーされる映画「関ヶ原」で主演を務めることが決定している。この作品は岡田演じる石田三成の義を貫いた生き様を軸に、関ヶ原の戦いを真っ向から描き出す作品となっている。

関連記事