前川清が前妻・藤圭子さんの娘、宇多田ヒカルへの衝撃語る。「血というのか…」

2017.3.13 17:46

前川清が前妻・藤圭子さんの娘、宇多田ヒカルへの衝撃語る。「血というのか…」サムネイル画像

故・藤圭子さん

11日放送のTBS系「サワコの朝」で歌手の前川清が、故・藤圭子さんとの結婚秘話を語った。

番組にゲスト出演したゲストの前川は、自身の音楽を始めたきっかけやブレイク、代表曲「長崎は今日も雨だった」大ヒットの裏話などの過去のエピソードについて話をした。

話題が藤さんとのわずか1年の結婚生活になると、前川は、藤さんと隠れて会うのが面倒臭かったから結婚したと結婚秘話について言及する。そして結婚式などはやらずにひっそりと結婚するつもりだったが、周囲が派手な式を用意してしまったために、そこから結婚生活がおかしくなったと振り返った。

結局、ケンカも何もなかったが、仕事柄の華やかな生活の変化に追いついていけず、若さばかりが出てしまい双方とも「別れた方がいいよね」という流れで離婚に至ったのだそう。現在の前川の考えでは、二人の結婚というものに対する価値観の違いが離婚の原因で、別に嫌いだったから離婚したわけではないとのこと。実際に、藤さんがまだ存命だったら「また一緒になってんじゃないかな」と絆の深さを伺わせる。

離婚後、ニューヨークに渡った藤さんから一度だけ電話があり、そのとき「娘(宇多田ヒカル)は天才だ」と語ったそうで、その後、宇多田がデビューした時は「この子だったんだ…」と身震いしたという。前川は「(藤さんと)声がそっくりですね、だんだんと(似てきている)」と言い、宇多田の出演するCMを観て「(藤さんと)同じ声ですよ。血というのか、嬉しいのと…」と過去の出来事を思い起こすと共に、衝撃を覚えたという。

阿川によると前川は近年、1年に1度、コンサートで藤さんの歌を歌っているのだそうで、藤さんが亡くなって、「歌は残りますけど、命と共に忘れ去られるってあるんですよね」と歌うことにした理由についてコメントしていた。

前川は3日放送のフジテレビ系「ダウンタウンなう」でも、ダウンタウンと和田アキ子を前に藤さんとの結婚生活について告白している。

関連画像

関連記事