JAMOSAが、新たに楽曲解禁!!期待のディスコチューン「DANCE」に込めた思いを吐露

2014.4.18 19:11

JAMOSAが、新たに楽曲解禁!!期待のディスコチューン「DANCE」に込めた思いを吐露サムネイル画像

「女性は誰でもお洒落して遊びに出掛ければ”マドンナ”になれる、というテーマを軸にして、朝まで踊り続けられない日本のクラブ事情もネタにしたかったの。ストレスを発散させる場所も術も無いよね、最近の日本」。

本日解禁された楽曲「DANCE」に、”ビートに身を任せてなぜ悪いかわからない/Let’s get down and don’t hurt nobody/静かな夜はつまらない” というフレーズがあるが、JAMOSA本人が語っているように、音楽やダンスを愛する人間の疑問を代弁している部分だと言える。巧みに盛り込まれる英語のリリックも曲全体の高揚感を高め、”嘘はつけても 心はごまかせない/リズムに何かを感じるなら動こう/Tonight you’re gonna free your soul”といった、彼女の歌詞の世界を体感できるような、まさにそんな仕上がりとなっている。

楽曲と同様に、リリックビデオも本日よりHPにて公開中。

レトロなディスコサウンドを味方につけた 女性アンセムでありながら、世相に疑問を呈するメッセージ、この融合の上手さこそがJAMOSAの強みの一つであると確信せずにはいられない。

【JAMOSA コメント】
この曲を聴いて笑って欲しいの。「えー!これ来た?」みたいな感じで(笑)。何で今コレなんだろう?意外性があるでしょ。レトロなサウンドだけど、今っぽさも取り入れたくて、イギー・アゼリアやT.I.と仕事をしているライターのライザック・マリーと、プロデューサーのジミー・ハリーの3人でセッションをしながら完成させたの。ジミーの青春はディスコと共にあって、その音楽をJAMOとやりたいって言ってくれてるんだから、そこに応えるしかないでしょ(笑)。

関連画像