香取慎吾にかけられた言葉「1人になっても」に対しての番組演出にファンから感謝の声。「ありがとう」「やさしさがしみる」

2017.3.9 20:50

8日に放送された、フジテレビ系「おじゃMAP!!」での番組スタッフの配慮がファンの間で話題になっている。

この日の放送では、今人気のバスツアー旅に実際に参加するという企画が行われ、今回は「朝市で激安買い物ツアー」と題し、香取慎吾と山崎弘也、安藤和津の3人が千葉県にある日本三大朝市の1つである勝浦朝市でロケを行った。

朝市に足を踏み入れた三人は魚の干物などを見て回り、試食や買い物を満喫。そこに、朝市で働く女性が香取に「10年前に1回会ったよね」と声をかけた。これに対し香取は「キャイ〜ンと来たんじゃない?」と答え、「来たんだ、俺ここー。覚えてるよー」と続け、女性と再会の握手した。

3人は女性に勧められたアジの干物を試食。最後にこの女性から「頑張ってね。1人になっても」と励ましの言葉をかけられると、香取は「ありがとう」と返した。そして、この場面で流れていたのは、SMAPの代表曲の1つである『SHAKE』だった。

この放送を見ていたファンからはTwitterで「一人でも頑張ってのバックがSHAKE スタッフさんナイスだぜ」「やさしさがしみるー。」「スタッフありがとう」「SHAKE流してくれるスタッフが好き」「”がんばってね!ひとりになっても”のお母さんの声援のバックでかかってるSMAPのSHAKE」など、一般の人からの「1人になっても…」の発言の箇所でSMAPの曲を使う番組スタッフに対しての感謝のコメントが多く寄せられた。

先日も同番組では、香取との勝負に負けた山崎が「No.1にならなくていいとかずっと歌ってなかった?」と負け惜しみを言い、「No.1にばっかなりたがるじゃねーかよ。何がオンリーワンだ、本当に。」とコメント。ファンからはSMAPの曲をネタにする山崎に感謝のコメントが相次いでいた。

関連記事

関連リンク