宇多田ヒカルに「私って本当に宇多田ヒカルなのかな?」と思わせたエピソードとは?

2017.3.8 7:10

宇多田ヒカルに「私って本当に宇多田ヒカルなのかな?」と思わせたエピソードとは?サムネイル画像

宇多田ヒカル

日本時間6日、歌手の宇多田ヒカルが11週間ぶりに自身のInstagramを更新し、長期間更新できなかった理由を明かした。

宇多田は、日本時間5日に自身のTwitterで「インスタをインストールし直したら自分のアカウントにアクセスできなくなってしもた」と、携帯電話を新しくしたところInstagramにログインできなくなっていたことを明かしていた。「最初インスタのアカウント名すら思い出せなくて『宇多田ヒカル インスタ』で検索しするとこから始めたから色々やってるうちに私って本当に宇多田ヒカルなのかな?って疑い始めちゃったw」と試行錯誤していたという。

その後、「おおおおおご臨終だと思ってた古いスマホがなんとか電源入ってそっちで認証できたー!YESSSSSSSSS」と、なんとかログインできた喜びをTwitterで報告し、11週間ぶりにInstagramに画像を投稿した。

これにはTwitterで「とにかく良かった!ww」「スマホの復活おめでとうございます!」「一連の流れが面白すぎて 電車でめっちゃ笑いこらえてました」と、宇多田の投稿にさまざまな反響が寄せられていた。

宇多田は1月にリリースした楽曲「光 -Ray Of Hope MIX-(REMIXED BY PUNPEE)」が、全米iTunes総合ページで2位を獲得し話題になっていた。同楽曲はスクウェア・エニックスから発売されたゲーム「キングダム ハーツHD 2.8 ファイナル チャプター プロローグ」のテーマソングとしてリリースされたものであり、全米のiTunes総合ページでは日本人アーティスト最高位にランクイン。2016年9月発売の自身のアルバム「Fantome」の全米iTunes最高位3位を超える記録となった。

関連画像

関連記事

関連リンク