解散と再結成を経た2組、Do As Infinity×MOONCHILDがガチ対談!今だから語れる赤裸々エピソード【インタビュー】(1/3)

2017.2.23 19:33

解散と再結成を経た2組、Do As Infinity×MOONCHILDがガチ対談!今だから語れる赤裸々エピソード【インタビュー】サムネイル画像

Do As Infinity大渡亮×MOONCHILD佐々木収

来たる3月6日(月)、Do As InfinityとMOONCHILDが、対バンイベント「GREATEST HITS vol.1」を、渋谷・TSUTAYA O-EASTにて開催する。

90年代後半に登場し一時代を築き上げた2組は、いずれも解散と再結成を経験。今もお互いに交流を深めながらそれぞれの活動を行なう周知の間柄だが、対バンを行うのは今回が初となる。今回はこれを記念して、Do As Infinity(以下、Do As)のギタリスト大渡亮(おおわたり りょう・以下、大渡)、MOONCHILDのヴォーカル/ギターを担当する佐々木収(ささき おさむ・以下、佐々木)にインタビューを敢行。境遇の似た2人による、今だからこそ実現した“ガチな対談”を繰り広げてもらった。

■2人の出会いと絆

―お2人のそもそもの出会いについて教えてください。

大渡:収くん(=佐々木)は元事務所の先輩なんです。歳は一緒なんですけどね。MOONCHILDが96年、僕がDo Asの前に結成していたバンド、Pee-Ka-Boo(ピーカーブー)が98年にデビューしてまして。

―当時から仲良かったんですか?

大渡:僕が入った頃、既にMOONCHILDはすごく忙しくてずっと出ずっぱりの状態。あまり事務所にいることがなかったので、接する機会がなかったですね。

佐々木:ただ事務所に行ってなかっただけですよ(笑)。まあ、仲良くなったのはMOONCHILDを解散した後、僕がRicken’sっていうバンドでデビューした以降ですね。2005年くらいかな。亮くん(=大渡)とイベントで一緒になって。すごく久しぶりの再会だったんだけど、「いや~、本当に偉くなったな~」ってつくづく思いましたね。

大渡:いやいや(笑)。僕たち、数少ない46年生まれのミュージシャン同士でもあるんですよ。本当この世代って少なくて。先輩たちに混じってセッションとかやる時は、この歳でいまだに自分が一番年下だったりするんです。逆に普段若手のアーティストと一緒にやる時は、当然のように最年長になっちゃう。常にそのどっちかなんで、同世代のミュージシャンに会うとすごく嬉しいですね。この層をもっと盛り上げたいと思ってます。

―同世代ということもあって繋がりがより深まったんですね。ちなみに、今回の対バン企画はどうやって実現したんですか?

大渡:MOONCHILDの担当だったディレクターが、後にDo Asの立ち上げに関わることになった方で。原田さんっていう僕たちの親分的存在のね。彼に声かけてもらって今回の話が実現したんです。

解散と再結成を経た2組、Do As Infinity×MOONCHILDがガチ対談!今だから語れる赤裸々エピソード【インタビュー】画像29389

大渡亮・佐々木収

佐々木:最近流行ってるコレですね。(「PPAP」でおなじみの、両手で「ペンパイナッポーアッポーペン」を作るジェスチャーをしながら)

大渡:これね(同じジェスチャーをしながら)。

(一同笑)

佐々木:ちなみにですが、コラボレーションといえば、僕らの再結成ライブの時って亮くんにギターを演奏してもらってるんですよ。

—そういう意味でも縁の深い関係性ですよね。

1 2 3

関連記事

関連リンク