草なぎ剛主演ドラマ「嘘の戦争」に隠された”ある仕掛け”が話題に。「気づいた人、すごい」「サイコーかよ!」

2017.2.22 17:30

21日に放送された、フジテレビ系ドラマ「嘘の戦争」内での”ある仕掛け”が話題になっている。

同ドラマは、30年前に家族を殺害された浩一(草なぎ剛)がひょんなことから殺害事件と資産家である二科家の繋がりに気づき、その事件に関わった人物たちに次々復讐を遂げていく物語だ。

第7話となった21日の放送では浩一(草なぎ剛)が、次に復讐の狙いと定めた晃(安田顕)に嘘を仕掛け、2千万という大金を奪い取る。そこで晃が騙されて入金をしてしまう口座の通帳が一瞬映るのだが、ドラマを見ていたユーザーたちはその一瞬を見逃さなかった。

Twitterでこの通帳に書かれている番号が、通常店番号に当たる部分が「244」で「ツヨシ」と読めるとし、また口座番号に関しては「19740709」でこれは1974年7月9日で草なぎ剛の生年月日で、両方とも草なぎと関連付けたものであるとコメントする人が見られた。

これには「めちゃめちゃスタッフさんに愛されてる 嘘の戦争スタッフさんのセンス サイコーかよ!」「生年月日は知ってるけど通帳のとこまで、気が付かなかったよ〜。気づいた人、すごいなぁ〜」「こんな通帳とキャッシュカード私が欲しい!」など、細部にまでこだわる美術スタッフの仕事に驚きと感動の声が寄せられていた。

「嘘の戦争」第8話は28日に放送。いよいよクライマックスへと迫る物語だが、随所に散りばめられているであろう、スタッフこだわりのポイントについても見逃せない。

関連記事

関連リンク