森昌子、ロックな子育て暴露しすぎて息子・ワンオクTakaらからクレーム!?子供から「電話がかかってきた」

2017.2.21 21:00

森昌子、ロックな子育て暴露しすぎて息子・ワンオクTakaらからクレーム!?子供から「電話がかかってきた」サムネイル画像

ONE OK ROCK

20日、テレビ朝日系「徹子の部屋」に出演した森昌子が、子育てについて明かす場面があった。

司会の黒柳徹子は、森昌子の息子でONE OK ROCKのボーカルTakaが幼少期に会ったことがあると明かし、そのTakaが現在、世界的人気を誇るロックバンドのボーカリストであること、現在28歳であることを聞き、感慨深げな様子だった。

そして、当時の子育ての頃の話となり、森が3人の子供を1番・2番・3番と番号で呼んでいたというエピソードを黒柳が聞くと「本当にあの、子供からも『ちょっと母さん言い過ぎだよ』っていう電話がかかってきたんですけれど」と、息子からその話を公表したことへクレームの電話があったと明かした。

しかし、息子たちを番号で読んでいたのは1、2歳の頃の話だとして「小さい頃名前で呼ぶよりも『はいはい1番!はいはい2番〜』ってこう呼んでた」とコメント。これに黒柳も「だってあんなちっちゃいのが3人そろってなんだかギャーギャーいったらね…」と森に同意を示していた。

また、現在Takaは英語も流暢に歌いこなすことでも有名だが、黒柳が「英語がすごいうまいんだって?どこで勉強したのかわかんないんだって?」と聞くと、森は「わからないんです!またこんなこと言うと、長男からクレームが来るかもしれないんですけど」としながら「高校の時ひどかったんですね。できなくて。なのに、どうしてあんな英語の歌が歌えるようになっちゃったのかなと」と、意外なエピソードを明かしていた。

森は、昨年テレビ出演した際も、独特の子育てについて語っており、門限を破った子どもは自宅敷地内の木陰で寝る話や、18歳を迎えるとアパート代は負担するが小遣いはバイトで稼がせたという教育論を明かし、世間を驚かせていた。

関連画像

関連記事