乃木坂46・橋本奈々未のソロ曲「ないものねだり」MVに大きな反響

2017.2.21 7:10

乃木坂46・橋本奈々未のソロ曲「ないものねだり」MVに大きな反響サムネイル画像

乃木坂46・橋本奈々未

16日、乃木坂46を卒業した橋本奈々未のソロ曲「ないものねだり」がYouTube上で公開され話題になっている。

「ないものねだり」は、昨年11月に発売された乃木坂46の16thシングル「サヨナラの意味」のカップリング曲。橋本がソロで歌唱しており、スローテンポのバラード曲となっている。シングル発売当初はMVは制作されていなかった。

YouTubeに公開された「ないものねだり」のMVは、横浜・東京近郊で極秘に撮影されており、橋本の卒業直前に初公開された。監督は乃木坂46のMVを多数担当している山岸聖太が務めており、MV中には橋本が乃木坂46として過ごしてきた5年半を振り返るように、コンサートの裏側を映した映像や番組撮影中のオフショットなどもふんだんに使用されている。

Youtubeのコメント欄には「卒業後もずっと応援しています」「橋本さん。おつかれさまでした。ありがとうございました」といった応援や感謝のコメントや、「もう見れなくなるのはさみしいな」「ななみんとの別れを惜しみたくなる」などの引退を惜しむコメントが寄せられている。ほかにも「なんかこのMVが橋本奈々未っていう人を表しているような気がする」「このMV作った監督神かよ」などと、MV自体の完成度を絶賛するコメントも多数書き込まれていた。

橋本は、今月19日深夜放送のテレビ東京系「乃木坂工事中」で、「本当に5年半近くたくさんの声援と応援をいただいて、本当にうれしかったですし、それがあったから今ここにいれると思います。本当に皆さんありがとうございました。これから私も頑張りますので、皆さんも幸せに過ごしてください。ありがとうございました」と視聴者に卒業にあたってのメッセージをコメントしていた。

20日には橋本はさいたまスーパーアリーナで行われた「乃木坂46〜5th YEARS BIRTHDAY LIVE〜」を最後に乃木坂46を卒業し、同日をもって芸能界を引退した。

関連画像

関連記事

関連リンク