ナイナイ岡村も平身低頭。ももクロファン”モノノフ”の底力に「全くこっちが理解しておりませんで」

2017.2.17 21:05

ナイナイ岡村も平身低頭。ももクロファン”モノノフ”の底力に「全くこっちが理解しておりませんで」サムネイル画像

ももいろクローバーZ

16日放送のニッポン放送のラジオ番組「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」で、岡村隆史がアイドルグループ、ももいろクローバーZとそのファンのある行為に白旗を上げる場面があった。

岡村は9日の同番組で、「岡村隆史のオールナイトニッポン歌謡祭」のイベントで作ったスマホスタンドが500個売れ残ったため、週末に実施されるももクロのイベントの物販ブースの横で販売をさせてくれないかと提案し、実現することになったと経緯を説明。岡村は「ももクロなんて言うたら妹分じゃないですか」という謎の理由を掲げながらも、ももクロファン”モノノフ”に向けて、熱烈に購入をアピールした。

すると岡村は16日の放送のオープニングで自身のスマホスタンドが完売したことを報告し「売れへんかったら売れへんかったでええんやろな〜と思てたんですけど……」と本音を明かしながらも”モノノフ”の底力について「全くこっちが理解しておりませんでして」と反省し、ももクロ関係者に向けて感謝の言葉を述べた。

岡村は前週の放送で、グッズを販売してもらうお礼に岡村のイベント物販でも残ったももクログッズを売ることを提案していたが、ももクロのグッズは完売しており、「ただ借りを作っただけ」と気づいた岡村は、どうやってお返しをすればいいのかと悩み「妹分て呼んでましたけど……姉さんですよね?」とももクロそそのファンに平身低頭の様子だった。

ももクロは4月26日、昨年のクリスマスに行われた「ももいろクリスマス2016〜真冬のサンサンサマータイム〜」のLive DVD&Blu-rayをリリース。“常夏”をテーマにした今作はファイアーパフォーマー「かぐづち-KAGUZUCHI-」の火炎舞(ファイアーパフォーマンス)に加え、タヒチアンダンサー、フラダンサー計49名が登場し、ファンの歓声とともに会場を「常夏」へと誘った、ももクロと”モノノフ”の熱気が詰まったBOXとなっている。

関連画像

関連記事

NEWS RANKING ニュースランキング