イメージ崩壊?!ルパン三世の石川五ェ門が口ずさんだあの名曲に「お茶吹いた」「チョー笑った」

2017.2.17 11:59

15日放送のテレビ朝日系「マツコ&有吉怒り新党」で、国民的アニメ「ルパン三世」の人気キャラクター石川五ェ門の驚きのシーンが紹介される場面があった。

同番組の「この記憶ホント?『記憶調査委員会』」コーナーでは、視聴者の幼い頃の曖昧な記憶をスタッフが徹底調査する。そこで「中学生の頃ルパン三世で、五ェ門がお風呂で西城秀樹さんの歌をうたっていたと友人が言っていました 五ェ門のイメージからは想像できませんが本当でしょうか?」という投稿について調査をすることに。

検証のため、実際のルパン三世TVシリーズ2作目の112話のシーンが紹介されることに。映像では「五ェ門危機一髪」というタイトルが明けるとすぐ、月を眺めながらお風呂に浸かる五ェ門が西城秀樹の「YOUNG MAN(Y.M.C.A.)」の一部を「あそれ」という掛け声とともに数秒口ずさむシーンが登場した。

Twitterでは、「五右衛門がYMCAをうたっていたとは。チョー笑った」「キャラ違うやろあんた!」「怒り新党つけたら五右衛門が西城秀樹さんのYMCA歌っててお茶吹いた」「何故、YMCAをチョイスしたんだ?」と、意外過ぎる五ェ門の鼻歌選びに驚きの声が寄せられている。

五ェ門は現在、小池健監督が監督を務める映画「LUPIN THE ⅢRD 血煙の石川五ェ門」で主役として描かれており、新宿バルト9ほかにて2017年2月4日より4週間限定で全国公開されている。

関連記事

関連リンク

NEWS RANKING ニュースランキング