阪神・西岡選手の新たな登場曲を強がプレゼント!PVにも西岡選手が特別出演

2014.4.3 14:55

阪神・西岡選手の新たな登場曲を強がプレゼント!PVにも西岡選手が特別出演サムネイル画像

西岡剛選手の新たな登場曲であり、レゲエシンガーの強(つよし)の新曲「スーパースター」は左ひざに不安を抱えながら、常に出来る限りのプレイをする「俺たちのスーパースター」へ贈られた楽曲だ。

西岡剛選手とレゲエシンガーの強は、同じ名前で、自らも高校球児であった強の背番号も「7」、大阪出身、不思議な縁でつながれていたが、その2人の運命は奇妙な形で交差する。

西岡選手がアメリカ時代、友達から渡された1枚のCD、それが強のアルバム『カーテンコール』であった。大きな事故から必死にリハビリを続ける強の友人に捧げられたアルバムのタイトル曲「カーテンコール」。この曲に胸を打たれた西岡選手は何度もこの曲を聴いていたという。そして2人の交流が始まり、西岡選手の登場曲としてこの「カーテンコール」が使用され、ファンの間ではお馴染みの曲となっていく。

2人の交流が深まる中、強から西岡選手の為に書き下ろした新たな楽曲を贈りたいというオファーをし、制作された新たな楽曲が新曲「スーパースター」である。

当初は「アローン」というタイトルだったというその曲は西岡選手の兄から聞いたエピソードや西岡選手本人のイメージを基に何度も書き直しがされ最後に現在の「スーパースター」として完成する。そしてPVは西岡選手に密着し、より曲のテーマを伝えるというコンセプトで制作されている。

公開されたYouTubeにも多くの西岡選手へのメッセージが寄せられているという。

関連画像