井ノ原快彦、いじめに対する持論を展開で視聴者感動。「心に響く」「イノッチのはくるなぁ」

2017.2.7 21:10

6日放送のNHK総合「あさイチ」で、MCの井ノ原快彦がいじめ問題について述べた持論が話題になっている。

番組では冒頭から「いじめ後遺症」が取り上げられ、いじめられた経験を持つ子供は成長しても精神的な問題を抱えることが多いという研究結果が紹介された。過去に受けたいじめのために現在も苦しんでいる人のインタビュー映像や専門家の解説など、いじめを受けることによる心理的な影響などを説明した。

この映像を見た井ノ原は「いじめは絶対にいけないことなんだっていうのを、みんながわかっていれば、『あんたにも悪いところがあったんじゃないか』とか言うのはありえないですよね。だっていじめる奴が絶対悪いんだから」と持論を展開し、『子供のけんかに親が出ていくのはどうなのか』って昔からいわれているけど、これはけんかじゃないんだから」と指摘していた。

この言葉に力をもらった視聴者は多かったようで、Twitterには「いじめが絶対に悪いんだというイノッチの言葉が心に響く。イノッチのように強く優しい人になれたらいいなぁ」「いじめの特集って芸能人の言葉とか心に何故か響かないんだけどイノッチのはくるなぁ」「食い下がる出演者らの質問が最もためになった。特にイノッチ」と、井ノ原を絶賛するコメントが寄せられていた。

井ノ原快彦は、2007年に女優・瀬戸朝香と結婚。その後、2児を設けている。

関連記事