「台詞が深すぎて」松たか子、満島ひかり、松田龍平、高橋一生出演「カルテット」諭高が抱えた秘密とは?それぞれの大人の恋の行方は?

2017.2.7 21:00

「台詞が深すぎて」松たか子、満島ひかり、松田龍平、高橋一生出演「カルテット」諭高が抱えた秘密とは?それぞれの大人の恋の行方は?サムネイル画像

(c)TBS

2月7日に第4話が放送される松たか子、満島ひかり、松田龍平、高橋一生出演のTBS火曜ドラマ『カルテット』。

先週放送された第3話では、すずめ(満島ひかり)の過去の秘密が中心に描かれた。すずめが封印していた過去、そして家族の事情、そんな彼女がこれまで歩んできた人生について知った真紀(松たか子)は、すずめに寄り添う。そして、すずめは司(松田龍平)に対して好意を隠すことを止め…。一方、諭高(高橋一生)の抱えている謎は深まるばかりで…という展開を見せた。

前回の放送では、松たか子演じる真紀が、ある事情で泣きながらご飯を食べる満島ひかり演じるすずめにかけた言葉が「台詞が深すぎて何回も思い出してしまう…」「泣けてしまった」などと話題を呼んだ。

また、前回の最後には、諭高(高橋一生)が好きだと言っていたにもかかわらず、突然司(松田龍平)にキスをしたすずめに、「すずめちゃんのキスが意外すぎ。」「可愛いよ~すずめちゃん可愛いよ~」「別府くんとのキスもすずめちゃんの気持ちが溢れててすごくよかった。」との声が上がっていた。

今夜の放送では、これまで謎に包まれていた高橋一生演じる諭高の秘密が明らかになると共に、それぞれの大人の恋もさらに大きく動きだすようで、今後も目の離せない展開が続きそうだ。

また、同番組の主題歌で松たか子、満島ひかり、高橋一生、松田龍平がこのドラマ限定で結成したユニット「Doughnuts Hole」が歌っている「おとなの掟」が、iTunesほか主要配信サイトにてついに配信スタート。2月7日(火)午前0時より配信が開始されている。

【第4話あらすじ】
諭高(高橋一生)が好きだと言っていたにもかかわらず、突然司(松田龍平)にキスをしたすずめ(満島ひかり)。それぞれの秘密が明らかになるとともに、少しずつ恋模様も進行していた。

そんなある日、別荘では“ゴミ出し問題”が勃発!司は、真紀(松たか子)、すずめ、諭高に順番で出そうと提案するが、聞く耳を持たない。

するとそこへ諭高を追っていた半田(Mummy-D)と墨田(藤原季節)が訪ねてくる。半田はある写真を見せ、「この女の行方を話せ」と問い詰めるが、諭高は「知らない」の一点張り。諦めた半田は、人質とばかりに諭高のヴィオラを持ち去ってしまう。その後、写真に写っていた女性(高橋メアリージュン)との関係を聞かれた諭高は、ある秘密を告白し……。

写真:(c)TBS

関連画像

関連記事