菅田将暉らの「グリーンボーイズ」も一因!?GReeeeNが7年2ヶ月ぶりのオリコン週間アルバムランキング1位、今再び輝く理由とは?

2017.2.7 11:49

菅田将暉らの「グリーンボーイズ」も一因!?GReeeeNが7年2ヶ月ぶりのオリコン週間アルバムランキング1位、今再び輝く理由とは?サムネイル画像

GReeeeN

今年1月24日にデビュー10周年を迎えたGReeeeNによる、初のシングルコレクション『ALL SINGLeeeeS ~& New Beginning~』が、今週発表の最新オリコン週間アルバムランキング(集計期間:1/30~2/5)で1位を獲得。

GReeeeNがオリコン週間アルバムランキングで1位を獲得するのは、なんと『いままでのA面、B面ですと!?』(2009年11月発売)が達成して以来7年2ヶ月ぶりとなる。

GReeeeNはデビュー前、メンバーは歯科医師を目指す大学生であったことから学業との両立のため「顔を出さずに音楽活動をする」ことをレコード会社に条件として提示した。

まだSNSが未成熟であった当時、メディアに出演することがプロモーションであり、顔を出さずに音楽活動をすることは不可能に近い、とレコード会社社内でも言われてきたが、デビュー10年にして多くのユーザーに支持されていることは、どうやら顔を出していないことと無関係ではないようだ。

顔を出さないからこそ、彼らのライブは最新のVR技術を使ったエンターテイメント空間を生み出すことができ、人気俳優が演じる映画に感情移入できることや、その劇中のグル―プ「グリーンボーイズ」がヒットしていることにも起因していると考えられる。

1月7日には自身最大規模のさいたまスーパーアリーナ公演<あっ、リーナ、ども。はじめまして。『クリビツテンギョウ!? ル〜デル〜デ♪>に1万6000人が集まり、1月28日に公開されたGReeeeNの結成やデビューを描いた映画「キセキ ーあの日のソビトー」(松坂桃李、菅田将暉 W主演)も大ヒット中。

劇中に登場するグループ「グリーンボーイズ」によるカヴァーもオリコン週間シングルランキングで4位になるなど、自身のシングルコレクション『ALL SINGLeeeeS ~& New Beginning~』のヒットも含めて、最近、GReeeeNに関する話題が事欠かない状況になっている。

デビュー10周年を迎えてなお、その魅力は色褪せることなく、また新たな輝きを見せてくれる、GReeeeNの今後にも注目してほしい。

■Release info

ALL SINGLeeeeS ~& New Beginning~
■発売日 2017年1月24日(火)
●初回限定盤 (CD 2枚組 + DVD 2枚組) ¥4,200 (税抜価格¥3,889)  UPCH-7222
●通常盤 (CD 2枚組) ¥3,000(税抜価格¥2,778)  UPCH-2112/3

関連画像

関連記事

関連リンク