「説得力あり過ぎ」吉高由里子、榮倉奈々、榮倉奈々出演「東京タラレバ娘」坂口健太郎演じるKEYの言葉に「グサグサ来て」「ぐう正論 」の声。田中圭の登場には「かっこよすぎ死んだ」「うちが一瞬で恋に」

2017.2.2 11:26

「説得力あり過ぎ」吉高由里子、榮倉奈々、榮倉奈々出演「東京タラレバ娘」坂口健太郎演じるKEYの言葉に「グサグサ来て」「ぐう正論 」の声。田中圭の登場には「かっこよすぎ死んだ」「うちが一瞬で恋に」サムネイル画像

(c)NTV

1日に第3話が放送された吉高由里子、榮倉奈々、大島優子出演日本テレビ系ドラマ「東京タラレバ娘」。

第3話では、KEY(坂口健太郎)と一夜を共にしてしまった倫子(吉高由里子)だったが、彼の本心が分からず偶然会ってもなかなかそのことを切り出せずにいた。一方、こちらも元彼・涼(平岡祐太)と一夜を共にしてしまった香(榮倉奈々)は、モデルの彼女の存在もあり“なかったこと”にしようと決意する。そして、恋愛に関してあまり前向きではなかった小雪(大島優子)の前には、ルックス・雰囲気などが全て“ドストライク”のサラリーマン・丸井(田中圭)が現れ、急速に惹かれていくも、丸井には重大な秘密があって…という展開を見せた。

この日、大きな注目を集めたのは、倫子とKEYが一夜を共にした“その後”だ。中でも、KEYの本心が分からず、怖くてその気持ちを確かめることも出来ない倫子が独白のような形で吐き出した台詞には多くの視聴者が共感したようで、Twitterでは「分かるー分かるよーその気持ち」「愛が欲しいだけ。分かる。」「倫子ちゃんの気持ち、分かるわ。」「分かる分かるぅ〜!倫子の心情とリンクする… 」「すごい共感する倫子の言っとること」との声が寄せられていた。

また、最後にKEYが倫子に向けて放った恋愛に対する姿勢に対する言葉には、「第3話ラストのKeyくんの説教は沁みる」「最後のKEYの言葉がグサグサ来てこっちまで心痛くなった。」「KEYは正論だった」「KEYくんの言葉…めっちゃ効いた…」「最後のKEYのセリフぐう正論 」「KEYのド直球刺さる人多そうだな」「説得力あり過ぎー。」「KEYの言う事はごもっともです」という意見が多く、心は痛いが言っていることは正しいと感じが人が大勢いたようだ。

そして、小雪が恋に落ちるサラリーマン・丸井を演じる田中圭の役どころは多くの女性の心をつかんだようで、「うちもジャガイモ落としたら運命の出会い来るかな」「わたしも転んでジャガイモ落としたら田中圭に会えるのか〜〜??」「タラレバの田中圭の破壊力」「小雪?の相手役?田中圭では???かわいすぎでは???」「田中圭かっこよすぎ死んだ」「うちが一瞬で恋に落ちたわ。好きだ〜〜」「まじあざとい可愛いずるい」との感想が上がっていた。

既婚者と分かりながらも丸井に惹かれる小雪の恋の行方、恋も仕事もうまく行かないこと続きの倫子、そして元彼との関係に流される香。3人3様の恋愛模様に、これからも目が離せなくなりそうだ。

写真:(c)NTV

関連記事