「展開早すぎる」吉高由里子、榮倉奈々、大島優子出演「東京タラレバ娘」Wで一夜を共にした倫子と香の選択は?小雪には運命の恋?

2017.2.1 21:00

「展開早すぎる」吉高由里子、榮倉奈々、大島優子出演「東京タラレバ娘」Wで一夜を共にした倫子と香の選択は?小雪には運命の恋?サムネイル画像

写真:(c)NTV

1日に第3話が放送される吉高由里子、榮倉奈々、大島優子出演日本テレビ系ドラマ「東京タラレバ娘」。

先週放送された第2話では、倫子(吉高由里子)に付き合い、小雪(大島優子)と共に行ったライブでギタリストとして成功を収めた元カレ・涼(平岡祐太)に再会してしまった香(榮倉奈々)。売れないミュージシャンだった涼を支え続けることが出来ずに別れた経緯があり、成功した彼との再会に運命を感じるも、すぐに彼女がいることが分かり落ち込む。しかし、涼から心を強く揺さぶるアプローチの数々を受け、ついに…。そして、早坂(鈴木亮平)がマミ(石川恋)と付き合い始めたショックを引きずり続ける倫子は、新しいドラマの仕事まで降ろされ若い女性脚本家に奪われてしまう。その原因が“女の武器”だったのでは?という噂を耳にした倫子はその真相を確かめる行動に出るも…。その結論に落ち込んだ倫子は、酔いつぶれてある行動に出てしまう…という展開を見せた。

この日の放送で最も話題を呼んだのが、ラストの怒涛の展開だ。香は元彼と、そして倫子は自分たちを「タラレバ女」と名付けた男で今話題のモデル・KEY(坂口健太郎)との関係が思わぬ方向に進展。この急展開に視聴者はTwitterで「最後の五分くらいがなんか急展開すぎて口ずっと空いてたびっくりした」「展開早すぎる。今回は叫んだ」「終わりかけ絶叫ですよ。」「すんごい展開やな、おい。びっくりしたわ…笑」「急展開すぎてびっくりした!笑」など、驚きの声が相次いだ。

本日の放送では、気になるその一夜の後が描かれる予定で、倫子はKEYに本心を聞き出せず、香は元カレ・涼が彼女と同棲していることを知り、“なかったこと”にしようと決意するという展開を見せるようで、ますます目が離せなくなりそうだ。

【第3話あらすじ】

KEY(坂口健太郎)と一夜を共にしてしまった倫子(吉高由里子)だったが、KEYの本名も連絡先も、そして彼の本心もまったくわからないという事実に悶々とする。何年も恋愛から遠ざかっていた倫子は次の一手がわからなくなっていた。一方、香(榮倉奈々)も元カレ・涼(平岡祐太)と一夜を共にするが、涼が彼女と同棲していることを知り、“なかったこと”にしようと決意する。

そして、「傷つくくらいなら恋なんてしなくていい」と言い放つサバサバ娘・小雪(大島優子)にも、運命の恋が到来する。ルックスはもちろん、喋り方から食べる時の表情まで全てが“ドストライク”のサラリーマン・丸井(田中圭)と出会い、小雪は急速に惹かれていく……。

せめて仕事だけでも前へ進もうと早坂(鈴木亮平)に仕事の売り込みをかける倫子。だが、早坂の会社で思いがけずKEYに会い、ずっと聞きたかった「私のことをどう思っているの?」という言葉が言えず、またまた落ち込んでしまう……。

KEYが自分のことをどう思っているのか、聞きたくても聞けない倫子。元カレ・涼との再会で再び心が揺れる香。突然出会った男・丸井に心を奪われてしまう小雪。動き出した3人の恋の行方は…!?

写真:(c)NTV

関連画像

関連記事