「さりげなくSMAPを」木村拓哉主演ドラマ「A LIFE~愛しき人~」のあるシーンに注目集まる。「SMAPへのエール?」「感慨深い」

2017.1.23 11:58

「さりげなくSMAPを」木村拓哉主演ドラマ「A LIFE~愛しき人~」のあるシーンに注目集まる。「SMAPへのエール?」「感慨深い」サムネイル画像

(c)TBS

22日、第2話放送が放送された木村拓哉主演ドラマ「A LIFE~愛しき人~」。そのあるシーンに、SMAPファンからの熱い視線が集まっている。

それは、第2話で、木村拓哉演じる外科医・沖田一光が、朝起きて父親が作った朝食を見つけるシーン。職人気質な父親の不器用な愛情表現を一光が受け止めるという場面だったが、その際に映し出された一光の実家の居間の鴨居に「香取神社」と書かれたお札が飾られていた。

これを見つけたSMAPファンからは「香取神社は狙ったよね?ね?」「アライフのチームはSMAP愛に溢れてるのか、木村くんも流石に香取神社は気がついてるよね」「さりげなくSMAPを出してくれていることに感謝。」「香取神社のお札やら絆感じる物があって…感慨深い。」「スタッフさんありがとうございます」「香取神社でキュン」「SMAPへのエール?????なんて妄想」と、このお札は、元SMAPのメンバー・香取慎吾を意識したものではないか?という声が続々と上がっていた。

第2話では、院長・壇上虎之介(柄本明)の知り合いの和菓子職人・森本(平泉成)の手術を担当した井川(松山ケンイチ)が、手術にミスはなかったと思われるにも関わらず、森本の手に不調が出てしまい、訴訟問題にまで発展しそうな事態に陥る。そんな中、沖田(木村拓哉)は、本当に井川の手術に間違いはなかったか検証を繰り返し…という展開を見せた。

画像:(c)TBS

関連画像

関連記事