あの“一発屋”と思われている芸人の現在の収入にネットも驚き。「すごいな」「やっぱ彼面白い」

2017.1.20 21:09

1月19日深夜放送のテレビ東京系「じっくり聞いタロウ 〜スター近況(秘)報告〜」で、お笑い芸人のAMEMIYAが独自の処世術を語る一幕があった。

「冷やし中華はじめました」で大ブレイクしたAMEMIYAだが昨年のテレビ出演数は数本と一発屋芸人の雰囲気を醸し出していた。しかし、現在テレビに出演していないにも関わらず大金を稼ぎまくっているようだということで、AMEMIYAは番組で真相を語ることとなった。

AMEMIYAがスタジオに持参した給与明細には月収約260万円と記載されており、「すごい……とんでもない」「それはもうAMEMIYAすごいな、一発屋じゃないね」と、出演者を次々に驚嘆させた。

AMEMIYAによるとテレビでの露出が多かった当時の最大月収は900万円で、その内訳は「給料が500万円、印税が400万円」と高収入だったことを明かした。現在AMEMIYAは営業だけでなく、決めフレーズである「○○はじめました」を使って、3社のCMに出演しているという。さらに、企業の周年パーティーなどでオリジナルソングを披露する仕事も増えているようで、「企業のことを全て調べつくすんです、ネットで」と語ったAMEMIYA。ネットで依頼のあった企業を調べ、その企業の“あるあるネタ”などを盛り込んだ歌を披露するのだという。

ほかにも結婚式で新郎・新婦に向けてオリジナルソングを提供するという営業にも力を入れているようで、「新郎新婦さまにアンケートをこちらサイドでお送りして、(回答を)お送りいただいて、一から作る」と、AMEMIYAは営業努力を語る。結婚式での営業を始めてから、3か月で問い合わせが50本あったという。これを聞いた河本準一は「とんでもない!」と、驚きの声を上げていた。

また、同じくテレビ出演が少なくなったが、現在も高収入を得ている人物として元19(ジューク)のメンバー・岡平健治などがあげられる。昨年12月11日放送のTBS系「旅ずきんちゃん」では、音楽活動で稼いだ収入をライブハウス「Music bar MELODIA Tokyo」のオープンに投資し、芸能活動当時から収入が3倍ほどあがったなどと明かしている。

テレビ出演以外で高収入を得る芸人に対しツイッターでは、「AMEMIYA今でも月収260万はすごいな」「AMEMIYA見てて思ったけど、やっぱ彼面白いわ。笑いを取るためにすごい研究してるし、そりゃあテレビに出なくなっても売れるよ。かっこいいわ」と驚きの声が寄せられた。

関連記事

NEWS RANKING ニュースランキング