『逃げ恥』OP曲からミスチル参加曲まで!“ほぼ”フルアルバム『トリトメナシ』を、チャラン・ポ・ランタンに全曲解説してもらった

2017.1.18 17:32

『逃げ恥』OP曲からミスチル参加曲まで!“ほぼ”フルアルバム『トリトメナシ』を、チャラン・ポ・ランタンに全曲解説してもらったサムネイル画像

チャラン・ポ・ランタン

昨年、放送され大きな人気を呼んだTBS系火曜ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」のオープニングテーマ「進め、たまに逃げても」も収録されている“ほぼ”フルアルバム『トリトメナシ』を本日リリースした“チャラン・ポ・ランタン”。

チャラン・ポ・ランタン本人による、“Mr.Children”、”東京スカパラダイスオーケストラ”、“片平里菜”、“Rei”、“Seiho”とのコラボなど盛りだくさんのアルバム全曲解説をavex portalコラムが公開された。

小春がツアーメンバーに参加したことから実現した“Mr.Children”とのコラボに至った経緯や高校時代コピーバンドをするくらい大ファンだった“東京スカパラダイスオーケストラ”とのコラボへの想い。マネージャーの実体験が盛り込まれたという制作秘話など、ファンならずとも楽しめるインタビューとなっているので、ぜひチェックしてみてはいかがだろうか。

今作『トリトメナシ』には、あのMr.Childrenが初めて他アーティストのアレンジ・演奏に参加したという楽曲「かなしみ」を収録。TBS系火曜ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』のオープニングテーマ「進め、たまに逃げても」や毎日放送ドラマ『ディアスポリス』主題歌「月」など、CD化していなかった楽曲も収録されている。

さらに、尊敬する大先輩である東京スカパラダイスオーケストラとのコラボ曲「雄叫び」や友人の片平里菜&Rei一緒に制作した「夢ばっかり」、『NHKみんなのうた2016年12月・2017年1月』で放送中、振り付けはラッキィ池田氏が世界初?のまゆげの振り付けを担当した「まゆげダンス」といった、様々な形をしているけれど、それぞれが豪華すぎるトリトメのない全8曲を収録。これはもはやオリジナル“ほぼ”フルアルバムといっても過言ではない仕上がりだ。

関連画像

関連記事

関連リンク