衝撃のシーンに「痺れる」草なぎ剛主演ドラマ「嘘の戦争」息をもつかせぬ復讐劇の連続に「ゾクゾクした」「最っ高に面白い」

2017.1.18 11:57

17日、第2話が放送された草なぎ剛主演ドラマ「嘘の戦争」。

同ドラマは、草なぎ演じる主人公・浩一は、30年前、9歳の時に一家を皆殺しにされ、浩一が証言を繰り返すも大人たちから“嘘つき”呼ばわりをされ、事件は無理心中として決着してしまったという過去を持つ。その後タイに渡り名前を変え、たぐい稀なる詐欺師になった浩一は、偶然にも記憶の中の真犯人“あざのある男”と再会し、30年眠っていた怒りの感情が蘇り、復讐するためについに日本に戻ってくる、というストーリーだ。

第2話では、浩一(草なぎ剛)が30年前の事件の黒幕と睨んでいるニシナグループ会長の興三(市村正親)をかばって五十嵐(甲本雅裕)に刺された浩ー。しかし、そんな浩一の行動に興三とその息子・隆(藤木直人)は疑惑を持ち始める。そんな中、30年前の事件の際に嘘の証言をした男・六反田健次(飯田基祐)が、今は二科家の顧問弁護士を務めていると知った浩一は第2のターゲットを六反田に決める。その傍ら、二科家との距離を確実に縮める浩一は、二科の娘・楓(山本美月)にさらに近づき…という展開を見せた。

毎回繰り広げられる、息をもつかせぬ復讐劇、張り巡らされた策略、未だ謎を多く含んだ過去の事件など、盛りだくさんの展開に、Twitterでは「もう本当に最っ高に面白いよ!最高だよ!ゾクゾクするよ!」「あっという間に終わっちゃって、ゾクゾクしたわ。」「ドキドキハラハラの展開でツイートするのを忘れて、集中したぁ〜」「全然時間が短い。」「次々とターゲットが出てきて次週が楽しみ」という感想が多く上がっていた。

また、ドラマの最後に訪れた衝撃のシーンには、「締めのキス、最高でした。もうニヤニヤが止まらないです。」「キスシーンきたぁぁぁぁぁぁぁああ!!」「うおおお!つよぽんのキス!!」「美月ちゃんとのキスシーン痺れる!かっこよすぎ!!!」「まさかのキスシーン!w」と大いに盛り上がっていた様子だった。

この日の放送で、さらなるターゲットを見つけた浩一の今後の動向から目が離せなくなりそうだ。

関連記事