May J.、曲にまつわるガチ書き込みが話題に

2014.3.26 12:11

May J.、曲にまつわるガチ書き込みが話題にサムネイル画像

May J.が3月26日に発売する第2弾カヴァー・アルバム『Heartful Song Covers』。

こちらの発売を記念して3月上旬に開設された特設サイト『Heartful Connection』は、収録曲毎にMay J.から問いかけられているテーマに、サイト訪問者が自らの想いを書き込むという趣旨のものだが、こちらに寄せられる本気の書き込みに、ネットでは「泣いた」「感動した」「勇気をもらった」など、多くの反響が寄せられている。

いくつか抜粋すると、
『手紙 ~拝啓十五の君へ~』では、May J.からの「15歳の自分にどんな言葉をかけてあげたいですか?」という問いに対して

15才は中学卒業して就職が決まっていた私。学校の先生は何とか行かせたいと奔走してくれたり費用を出すとまで言ってもらえました。でも沢山苦労はしたけど今の幸せが待ってるからね、頑張って その時の先生、友達はずっとそばにいてくれるよ。大切にしてね。
(えびさん さん 広島県 女性 40代)

『生きてこそ』では「お父さんとお母さんに本当に言いたい感謝の気持ちはなんですか?親孝行してますか?」という問い掛けに

親孝行もできずに、ケンカしたまま急死してしまった父にあやまりたい。
父に出来なかった分も母には親孝行しなくちゃいけないと日々感じてます。(ヒデ さん 神奈川県 男性 40代)
『遠く遠く』では「あなたは心の故郷に帰る時に何を持っていきますか?」という問いに対して

19歳の頃の僕は、大ボラ吹くような壮大な夢を友達に語っていました。当時はフリーターだったけど。笑
そんな自分を笑わずに真剣に応援してくれた友達がいたおかげで、僕は夢を諦めずにすんだし、今こうして叶えることが出来ました。

僕の心の故郷は、地元の友達の存在。
そんな仲間に「ありがとう」の言葉を持って会いに行きたいと30代になった今、強く思います。
(佐々木 さん 神奈川県 男性 30代)

など、人生経験を積んだ大人なユーザーからの本気の書き込みが並ぶ。

「私の歌を通して明日一歩踏み出す力になって欲しい」というMay J.の想いの元、歌詞にこだわって選曲したという第2弾カヴァー・アルバム『Heartful Song Covers』。

様々な時代の自分の思い出を内包した名曲達に耳を傾けながら、これまでの人生や今日に繋がった価値観、他人の心温まるエピソードを自らの心に浸しながら音を楽しむ、そんな大人にしか出来ない音楽の楽しみ方もカヴァー作品を聴く醍醐味ではないだろうか。

May J.のカヴァー・アルバム特設サイト『Heartful Connection ~みんなの想いが繋がる場所~』は、May J.オフィシャルサイトのリンクからも見ることが出来る。

関連画像