宇多田ヒカル、全米iTunes2位獲得に称賛の声。「やっぱりすごい」「流石」

2017.1.12 17:57

宇多田ヒカル、全米iTunes2位獲得に称賛の声。「やっぱりすごい」「流石」サムネイル画像

宇多田ヒカル

11日、宇多田ヒカルがリリースした楽曲「光 -Ray Of Hope MIX-」(REMIXED BY PUNPEE)が、全米iTunes総合ページで日本人アーティスト初の2位を獲得し話題になっている。

12日にスクウェア・エニックスから発売のゲーム「キングダム ハーツHD 2.8 ファイナル チャプター プロローグ」のテーマソングとしてリリースされた同曲は、2002年に発売された宇多田の楽曲「光」をHIP HOPアーティスト、DJとして活動するPUNPEEがリミックスしたもの。

全米のiTunes総合ページでは日本人アーティスト最高位となる2位にランクインし、2016年9月発売の自身のアルバム「Fantome」の全米iTunes最高位3位を超える記録となっている。

宇多田のスタッフによる公式Twitterは同日「全米で2位!!!」と、iTunesのトップアルバムランキングのスクリーンショット画像を添付して喜びをコメントしている。

ゲーム・キングダムハーツの公式Twitterアカウントも11日、「『KH2.8』の宇多田ヒカルさんによるテーマソグ「光 -Ray Of Hope MIX-」(REMIXED BY PUNPEE)が全米iTunesで日本人アーティスト最高位となる2位を獲得!おめでとうございます!」と、宇多田へ祝福のコメントを送っている。

Twitterでは「流石です!!!」「宇多田ヒカルやっぱりすごいなw」「宇多田ヒカルもPUNPEEも最高に好きだから全米iTunes2位とても嬉しい。」と、宇多田の快挙に称賛の声が相次いでいる。

関連画像

関連記事