坂口健太郎、初の歌声披露にネット反響。「歌も上手いなんて」「何でもできるじゃん!」

2017.1.11 21:10

坂口健太郎、初の歌声披露にネット反響。「歌も上手いなんて」「何でもできるじゃん!」サムネイル画像

シンガーソングライター・miwaと俳優・坂口健太郎がW主演をつとめる、映画『君と100回目の恋』(2017年2月4日公開)。

主演2人が劇中で仲間たち(竜星涼・泉澤祐希)と組むバンド「The STROBOSCORP(ストロボスコープ)」の劇中歌「アイオクリ」のミュージックビデオが本日YouTube上で公開された。

解禁されたミュージックビデオは、映画のメガホンを取った月川翔監督が自ら演出を担当したもので、それぞれのメンバーに四季をあてはめ、スローモーション映像を使用。歌詞の中にある「一瞬一秒」「めぐりくる季節」を表現したもので、スタイリッシュだがどこか切なさを感じる世界観になっている。

昨年5月から約1月かけて岡山で行われた映画の撮影以来のバンドでの撮影となったが、その時と同様に和気あいあいとした雰囲気の中で進められた。miwaにとって初のバンドスタイルでのMV撮影となり、普段はソロアーティストとして活動する中、新鮮な気持ちで臨むことが出来たという。

本楽曲で坂口健太郎が歌声を披露していることが明らかとなった。劇中で坂口演じる陸が、miwa演じる葵海への気持ちを歌に乗せた歌唱は映画本編の中でも感動を呼ぶこと間違いなしである。

この坂口健太郎の歌声初披露にTwitterでは「歌も上手いなんて」「坂口健太郎様あんなにイケメンなのに歌上手すぎて叫んだ。」「爽やかな感じが声にまで出るなんて…。もう完璧すぎるよ」「坂口健太郎の歌声すきすぎる」「歌爽やかすぎるし、むっちゃ歌上手いし」「何でもできるじゃん!」「坂口健太郎歌もうまいやんもう格が違う」と早くも話題を呼んでおり、映画本編への期待も高まる。

このミュージックビデオは1月25日に発売されるオリジナル・サウンドトラックの初回生産限定盤に、特典映像として収録される。

音源のフルサイズでのオンエアは1/11(水)午後10:00から放送のJ-WAVE「AVALON」、またミュージックビデオのフルサイズは1/12(木)午前8:00から放送のスペースシャワーTV「NEW CUTS」にてそれぞれ解禁予定。

また、1月30日(月)にはZepp Tokyoにて一夜限りのプレミアムイベントが決定。The STROBOSCOPEのミニライブ付上映会を実施する。

写真:(c)2017「君と100回目の恋」製作委員会

関連画像

関連記事

関連リンク

NEWS RANKING ニュースランキング

PHOTO RANKING 写真ランキング